FC2ブログ
個別記事の管理2020-09-16 (Wed)
こんにちは、まかない婦です。

毎朝4時近くになってくるとどこかにかカラスが来襲します。そしてそれからカーカーカーとカーカー攻撃が始まります。

どうやら数羽で鳴き合わせをしているらしく三か所くらいでカーカーカー、カーカーカー、カーカーカーと鳴きあいます。

自分の寝ている部屋から遠ければラッキー。すぐ傍でやられた場合は不運としか言いようがありません。その先眠ることはまず不可能です。

そんな人迷惑なカラスですが結構お気に入りの場所というのもあるようで、自宅部分の洗面所奥の窓から隣のビルの給水タンクが見えるのですが、そこに必ずのようにいらっしゃいます。

先日も朝っぱらから盛大にカーカー攻撃をしていましたが、洗面所からぎろりとにらんだまかない婦の中から特大の咳き込みが沸き上がり、さすがのカラスもドン引きして逃げ出していきました。

オーイカラスよ、この咳はうつりませんよ。ただのアレルギー性の咳もしくは咳喘息だからコロナではないよ。

人の言葉を聞かぬカラスがどこかへ行ったのでちょっぴりすっきりとしたまかない婦でした。

IMG_9007_convert_20200916140128.jpg
従妹がまかない婦のために作ってくれた缶バッジの中の一つです。けっこう役に立っています。ありがとねー。 カラスには役に立たんけどねー。
* Category : 日常生活
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2020-09-15 (Tue)
こんにちは、まかない婦です。

今日のノルマ、小ガスエビの皮むきを終えました。むいたエビは明日茶碗蒸しの具材になる予定です。

その小さなエビの皮をむく私を見て母が
「うわー、うわー、絶対やりたくないわー」と呆れ、義妹が
「殻つきのままでいいがいね」(殻つきのままでいいでしょうが)ととがめます。

いえ、殻付きだと口触りが悪いのでごめんこうむります。別に手伝ってくれと言っているわけでもないし、手袋してチマチマやってるから一応清潔は保てたはずです。

茶碗蒸しってレンチンでしか作ったことないけど明日は蒸し器で作る予定です。その方が滑らかになるはずだけど亡くなった祖母は加熱しすぎてスが入った茶碗蒸しばかりで滑らかにできたものはほとんどなかったなー。味は良いけどねー。

そういえば祖母の作るお浸しは洗わないからいつも砂が混じっていたし、焼き茄子の皮はむいてなかったなー。でも料理の味は良かった。

何やら懐かしいです。

祖母の独創的なお弁当でバナナを一房持たされたことがありました。ウキー!あたしゃ猿かい?🍌🐵

おかずがコンビーフ1缶てこともあったし、タッバに切ったハムがごっそりと入っていたこともあったなー。おかずハムだけだったなー。別に変だとも思ってなかったし、不満でもなかった。

ただ、バナナはないなとは思ってたよさすがに。

まかない婦も大概変だけど祖母もそれなりには変わっていたのかしら?

祖母も父も9月に亡くなりました。あれほど暑かったはずなのに気づけば虫が鳴いています。季節が変わったのですね。

いつの間にか食べ物のおいしい秋になっていたようです。
* Category : 食べ物
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2020-09-14 (Mon)
こんにちは、まかない婦です。

先日大量買いした小ガスエビの半分をかき揚げにして、残りの半分を煮付けその煮汁で里芋を炊いて里芋と小ガスエビの煮物を作り今日の副菜にしました。

それでもエビが多すぎてかなり余っています。

金沢人は甘えびも良く食べるので殻ごとエビを食べることに他県の人ほど抵抗はないとは思うのですが、作った自分で言うのもなんですがガスエビの殻が結構口に残ります。

このままではとても完売される未来が見えません。そこで考えます。あの海老どうすればみんなが食べてくれるかしら?

多分一尾一尾殻をむき、むき身にして茶碗蒸しとかならいけそうです。でもそれにはあの小さなエビをいちいちむかなければなりません。それはきっととてつもなく時間がかかるでしょうが食材を無駄にしたくないので時間があればトライしたいです。

里芋の方は多分朝食で無くなると思うのですが・・・

あと残っているのはかぼちゃのサラダを使った卵焼きですが、これは一時冷凍します。

大きな変更はこんなところかしら?

思えば作ったおかずを傷ませずにどうやって食べてもらおうかと常に考えています。

薄切り大根と肉の煮物などは最終的に卵焼きになって、それが意外なほどおいしかったのでまあ色々と頑張ります。

明日のノルマは小エビの殻むきってことで、頑張んべー。
* Category : 柿市従業員食堂
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2020-09-13 (Sun)
こんにちは、まかない婦です。

そろそろ松茸の季節です。

となると社長の腰痛の季節でもあります。これは松茸を箱詰めする作業台が社長の身長にあっていないため毎年引き起こされる悲劇です。

ところが、まだ松茸の出荷がほとんどない時期にギックリとやってしまったらしいです。魔女の一突きですか?

上体をそらし気味にして足は引きずって歩いています。ギッギッギッと音のしそうな歩き方です。

そしてもう1人背の高いベテラン社員が柿市マシーン(当社の車を社員がそう呼んでいます。カキマと短縮して呼ばれることもあります)から這い出るように降車しました。
「どうしたん?」
「ギックリや」

ギックリ社員が2人になりました。こちらの社員はブリキのおもちゃのロボットのような動きです。ギギギギギギキとさび付いたボディを引きずっています。

自分だけではなく社長も同類と知っていて、そこだけ嬉しそうでした。

それでも二体のロボットは仕事も休まずギギギと働いています。休めばどうかね?
* Category : 社員
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2020-09-12 (Sat)
こんにちは、まかない婦です。

季節柄か仏間の花がすぐに傷んでしまいます。

特に今は祖母の祥月命日がすぎたばかりでいただいた花が次々枯れ、萎れ、腐っていきます。現在進行形です。

グタグタのアレンジフラワーが3つあったのですが、どうしてもだめなので潰して2つに作り変えました。これが結構時間を食うし、しかも腐った軸や葉が手にへばりついたりして嫌悪度もなかなかのものです。

IMG_8994_convert_20200912184431.jpg
これと

IMG_8995_convert_20200912184502.jpg
これと

IMG_8996_convert_20200912184527.jpg
これをばらして花をきれいにするだけで1時間半ほどは軽くかかっています。

IMG_8997_convert_20200912184553.jpg
新しく立て直した花がこれと

IMG_8999_convert_20200912184618.jpg
これですけど、ほとんど同じテイストです。

2つのアレンジは同じ花屋さんから来たものですし、プラスした花も同じなのでまあ仕方がないです。

更に困るのは、こんな風に立て直した花はたいていギリギリの状態なのですぐにまたバタバタになってしまうというところです。

でもせっかく使える花は捨てたくないですよね。

月末には父の祥月命日が控えているのでまた同じことの繰り返しです。やってもやっても切りのないことをずーっと続けるわけです。

もはや修行か?

修行僧というにはいささかひねていて太りすぎのおばさんがため息とともに散らかった仏間のお掃除まで終えました。合掌。
* Category :
* Comment : (1) * Trackback : (0) |

管理人のみ閲覧できます * by -