FC2ブログ
07 << 2020/08 >> 09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2014-10-29 (Wed)
こんにちは、まかない婦です。

今日金沢はずいぶんと冷え込みました。社員はみんなダウンのベストなどで防寒をしています。

寒いことになっているのは気候ばかりではありません。当社の冷凍室が大変なことになっています。

まるで氷のナイアガラ。しかもこいつが日に日に冷凍室内を飲みこもうとしています。

DSCF5550_convert_20141029172743.jpg
大きな氷のベロのようです。

DSCF5551_convert_20141029172803.jpg
その舌先はすでに一番手前のドアのところにまで達しています。

まかない婦の在庫品である冷凍コロッケや肉団子も氷に飲み込まれ取り出し不能になっています。このままでは冷凍庫としての役割を果たせなくなりそうです。ただ今使用できる範囲は50%ぐらいでしょうか?

氷のベロはすべてを飲みつくして巨大な一個の氷柱になろうとしているようです。

何とかせねばと考えて先日は大きなくぎ抜きと先のとがった金づちでようやく氷に飲み込まれそうになっていた鶏肉を救出することに成功しました。

その時ふと思ったのです。『親父のピッケルが有るのではないか?』

まかない婦の亡き父は登山が趣味で、山道具やウエアーを海外から取り寄せたりしていた強者です。あいつなら絶対にピッケルを持っているはずです。

さっき探しにいったら、やはり立派なピッケルが出てきました。

DSCF5556_convert_20141029172830.jpg
道具を大事にしていた父らしく、きっちりとカバーが掛けられていたのでどこも傷んでいません。しかし、これで冷凍庫の氷をぶっ叩くのが父の意に反していることははっきりしています。

「お前が雪山に登るというのなら使っても良いが、冷凍庫の掃除のためにわしの大事なピッケルを使うことは許さん!」 

親父のガミガミ声が聞こえます。

どっ、しようかな~

つるはし購入を考え、サイトを見ている今日のまかない婦でした。
スポンサーサイト



* Category : 柿市商店
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する