FC2ブログ
07 << 2020/08 >> 09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2014-08-14 (Thu)
こんにちは、まかない婦です。

今日という日は柿市商店にとっても年に何回かの特別に忙しい日でした。明日からの3連休に供え取引先からの注文も山のようです。

一番早く出勤した人は前日の8時ごろに来たのではないでしょうか?まかない婦はその頃ようやく酒屋をしまって晩御飯の準備をしていたころです。

そんな訳で今日は早朝から狂ったように働き続けた当社の社員たちです。実はいつも30人以上食べにくる昼ご飯を13人もキャンセルしてきました。ある程度予想はしていましたがまかない婦の予想をはるかに超えるキャンセルです。

とりあえず12時過ぎにおにぎりを20個ほどは作って置いてきたので全く食べられなかった人も少なかったとは思うのですが・・・

そして会社の前に山のように積まれた大量のゴミを見て『今日のように忙しい日には誰もゴミ捨てを手伝う人も居ないだろう。』と思い、時間を作ってゴミ捨てに行こうと思い義妹に告げました。

すると「大丈夫や、みんなでゴミ捨てやっとったよ。」と義妹が言うのです。

 本当に?それはそれは珍しいことです。

昼を過ぎると今度は酒屋が恐ろしく忙しくなり、ヘルプに入ったまかない婦も抜け出せなくなってしまいました。あまりの忙しさに妹と2人くだらぬことで喧嘩になります。

しまいに疲れ切った頭の中はしびれたように麻痺して、情報の整理も難しい状態になってしまいました。

それでも仕事が一区切りついたので一度3階に戻ることにしました。

ところが酒屋を出ると夕方のゴミ収集車が来ていて山のようなゴミを収集車の運転手の方が1人で捨てていました。これはどんなに疲れていても手伝わないわけにはいきません。

案の定手伝ってくれる人もほとんど無しでゴミ捨てが始まりました。するとしばらくして社長がやってきてゴミ捨てを手伝い始めたのです。

 はっ?あんたがゴミ捨て手伝うの初めて見たよ!

今までまかない婦が1人で手伝っていてもそのあたりにいる社員もパートも誰も手伝ってくれないことはしょっちゅうでしたが、流石に社長が先頭に立って手伝い始めるとみんなゴミ捨てに協力し始めました。

心底驚いてゴミ収集車が去った後酒屋に戻り妹にそのことを報告しました。すると「昼も手伝ったらしいよ。」と、更に意外なことを聞いたのです。

道理でみんなが手伝うはずだよ!義妹の見たみんなでゴミ捨てはガセではなかったようです。

その後女子社員に聞いてみると、暮れやお盆の本当に忙しい日には社長が率先してゴミ捨てをすることがあるのだそうです。

な~んだ、結構良いとこあるじゃん、我が弟よ。

巨大グリズリーを餌付けしたのも無駄ではなかったか?最近は従妹に貰ったつるとんたんのうどんを茹でておいて社長にも食べさせ、ほんの少しだけ優しくしているまかない婦です。

やっぱ姉弟は仲良くしとかないとねっ。
スポンサーサイト



* Category : 柿市商店
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する