FC2ブログ
07 << 2020/08 >> 09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2012-06-16 (Sat)
こんにちは、まかない婦です。今、厨房の片づけが終わったところですホッ

最後の仕事は卵焼きでした。レタスの炒め物が余ってしまったので、それを具材にして卵焼きにしました。

このフライパンはフッ素樹脂加工してあるので必要ありませんが、鉄製のフライパンは使い終わった後必ず空焼きします

まかない婦にはこの空焼きで嫌な思い出があります

東京の病院で栄養士として働いていたとき、調理もやっていました。使ったフライパンをいつものようにで焼いて、所定の場所に片付けました。

翌日、 「誰よ、このフライパン使ったの 何か分かりませんけどベテランの調理師さんが凄い剣幕ですアグアグ

こわごわまかない婦は前に進み出ました。「私ですけど・・・」

バーン 突然フライパンが飛んできました。まかない婦にぶつけたわけではありませんが、足元に投げつけられたのです。

 「このフライパンで卵焼き焼いたら、真っ黒になっちゃったじゃないの!!」

「すっ、すみません・・・」その先覚えていません 生きていくために自分の記憶から抹殺したのでしょう・・・

まかない婦のようなヘナチョコには生きていくことが難しいと感じることが多々あります。ここまでまがりなりにも生きてこられたのは金沢に帰ってきて、家族に支えられているからです

でも、表があれば裏もあるように、鍋を焼く作業で愉快な思い出もあるのです

それは尾瀬の山小屋で働いていたときのことです。山小屋の奥さんは見た目はお嬢さんタイプの人ですが、かなりワイルドな方でした。今流行の「ワイルドだろ~ぅ?」ですぜ

その奥さん中華鍋を焼くのに、鍋3個を重ねて焼いたことがあります。「そっ、それはちょっと強引なのでは・・・?」と恐る恐る聞いてみると「あら、そうかしら?」ですヒョエー

恐れ入りましたおかげで山小屋で働いていた頃のまかない婦はとても幸せでした。ワイルドな奥さんときれい好きで寝てばかりいる 私の心の友、それにどんだけ罵詈雑言を浴びせてもOKの仲間。スーパーマリオ似の外側だけいかつくて、中はまかない婦とどっこいのちっちゃい人間である友達。液体燃料でしか起動しない友人と、そのベストパートナー(こちらは固形燃料重視)。

いっぱい、いっぱい友達が居て、幸せだった私の山小屋生活。まかない婦にとって大切な人生の宝物です。

今日は、昔を思い出して楽しく酒が飲めそうです もう1人の友人ワイルドターキー8年と一緒にジャズでも聞きながら眠ります。

それでは又バイバイ
スポンサーサイト



* Category : 昔話
* Comment : (0) * Trackback : (1) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する


FC2ブログユーザー専用トラックバック URL
まとめtyaiました【鍋を焼く】
こんにちは、まかない婦です。今、厨房の片づけが終わったところですホッ最後の仕事は卵焼きでした。レタスの炒め物が余ってしまったので、それを具材にして卵焼きにしました。この... …
2012/06/20 04:00 まとめwoネタ速neo