FC2ブログ
07 << 2020/08 >> 09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2014-07-10 (Thu)
こんにちは、まかない婦です。

金沢は昨日35℃ほどに気温が上がり、今日は小雨が降りながら32℃の気温です。湿度が高くてまるでスチームサウナの中で暮らしているようです。

全国の台風や大雨によるひどい被害の映像を見れば、金沢はまだましだとは思うのですがこの天気のうっとうしさときたら話になりません。

小雨の中ゴアテックスの雨具を着て仕事をしようと思ったのですが暑苦しくて無理でした。

さて、昨日は早めのお盆の墓参りに行って来ました。以前にお話ししたかもしれませんが金沢ではお盆のお参りにキリコというものを持って行きます。

これは紙と割り箸のような木で出来た家形の物で屋根に当たるものは薄板で出来ています。

IMG_2205_convert_20120716105043.jpg
一応中にはろうそくをともしてセットできるようにはなっているのですが、これにローソクが入っているのを見たことがありません。

しかも雨が降ると紙が破れてしまうのでこの写真のようにビニール袋を被せたりして下げます。これがまた見苦しさアップです。

そしてこのキリコには持ってきた人の名前を書いて下げることになっています。厄介な千社札といったところでしょうか?

当家ではもうとっくの昔にこのキリコ持参は廃止されています。なんとなく「うちはお参りに来ましたよ」的なところが気に入らないからです。その代り供える花を少し良いものに代えました。

金沢でも少しずつこのキリコはすたれてきたのですが、それに代わるものとして板キリコなるものが登場しました。写真に写っている右側の物がそれです。

すでにろうそくも立たず、全く異形の千社札です。

これって本当に必要なものなのでしょうか?

こんな風に思っているのはまかない婦ばかりではないようです。以前に亡き父の里の義理の姉に当たる伯母さんが「キリコを持って行こうとすると息子がそんなものを持って行くのなら車には乗せないと言うので持って行くことが出来ない。」と言って母にくどいていました。

アハハ、家とおんなじ考えだけど従兄弟の方がとがってんな・・・

何で今日キリコの話かと言うと、昨日参った従兄弟の墓所で何人かの人たちがこのキリコを下げる紐を張るためひとつひとつの墓に支柱を立て、紐ではなく針金を張り巡らしていました。ご苦労さんなことです。

墓参りを2つ済ませてそのまま県立美術館へ行き加賀友禅の展示会を見てきました。叔父の作品も勿論良かったのですが従兄弟の描いた振袖が見事でした。

昨日は1日予定通りに事が進み良かったです。何より雨が降らなかった・・・母とまかない婦、筋金入りの雨女が2人そろっていたのに降らなかったのは小さな奇跡です。

週末には仏壇掃除と精霊棚作りも控えているのでさらなる奇跡を期待しつつ働く今日この頃です。

ホナ、また明日。

スポンサーサイト



* Category : 日常生活
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する