FC2ブログ
07 << 2020/08 >> 09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2014-06-08 (Sun)
こんにちは、まかない婦です。

昨日の行列で前田利家公の役の人は水戸黄門の助さん役で出ていた人でした。

DSCF4735_convert_20140608131114.jpg
なかなかお似合いだったようです。まかない婦は仕事があるのでテレビでちらっと見ただけです。

DSCF4738_convert_20140608131142.jpg
乗っている白馬は人間の年にすると100才を超える老馬だそうですがとてもおとなしい馬です。それにしても人間で良かったよ、100才超えてまで働かされるのはどんなもんかね?

DSCF4739_convert_20140608131206.jpg
行列の中には梯子のぼりや奴さん行列、ミス金沢のパレード、ブラスバンドの演奏やバトントワリングなど盛りだくさんだったはずです。

行列以外にも踊り流しや兼六園でのお茶会、夜は薪能などもあったはずですがその割に街は静かでした。確かに人通りは多かったですけどもね。

あまり関係なかったかな?

そんなことより昨日のまかない婦の関心事は『カタハ』と呼ばれる山菜でした。これはヨシナとかミズとかウワバミソウと言われる山菜で片側だけに葉が付くところからカタハと呼ばれていると聞いたことがあります。

社員の1人に使ってくれと渡されたのですが、数回しか使ったことが無かったので(その時はキンピラ風に料理しました)クックパッドで検索してみました。

前から疑問に思っていたのですが皮はむかなくても良いようですね。根元の赤くて硬いところはどうしようかと思ったのですが以前にたたいて料理すると聞いたことがあったように思ったので茹でた後すりこ木で叩いて納豆と合わせてみました。

DSCF4742_convert_20140608142155.jpg
これです。ちょっと食べてみたら叩き潰したのにカタハがまだしゃきしゃきしていてなかなかにおいしかったです。

DSCF4744_convert_20140608142221.jpg
硬くなさそうなところは別に茹でて水にさらしてあります。これは肉とキンピラ風に炒めるつもりですが、検索したレシピの中に昆布締めというのがあったのでこちらも気になっています。

北陸の人間にとって昆布締めは1つの調理法です。普段から菜花やブロッコリ、刺身の昆布締めは時々作りますが。オリジナル料理の中の筍の昆布締めはかなりおいしかったです。赤かぼちゃの昆布締めは少し硬かったけれど赤かぼちゃの新しい食べ方として行けると思いました。

見たい人も居ないとは思いますがレシピを貼り付けておきますね。筍の時期は終わってしまいましたが、赤かぼちゃは数日前に初出荷されたと聞いています。



ということで、半分は昆布締めにしてみようかなと思っています。炒め物と昆布締めとどちらが美味しいかな?こうご期待
スポンサーサイト



* Category : イベント
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by ごえもん
まかない婦さん、実家ではヨシナのいしり煮を食べたことがあります。こぶ締めは自分で作ったことがありません。一度挑戦してみたいと思います。カボチャは生を締めるのですね。

Re: タイトルなし * by まかない婦
ごえもんさん、カボチャはごく薄くスライスして生で昆布締めにします。一日以上やるとしょっぱくなりすぎるので注意してください。

まかない婦は今日昆布締めを作りました。昨日は炒め物にして美味しくいただきましたよ。

いしりが出てくるところはやはり能登ですね。

コメント:







管理者にだけ表示を許可する