FC2ブログ
07 << 2020/08 >> 09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2014-06-01 (Sun)
こんにちは、まかない婦です。

昨日まかない婦は栄養士会の総会に出かけていたので時間が無くかなり厳しい一日でした。しかも月末だったので更に訳が悪かったです。

それでも出かけて行った甲斐があったと思ったのは記念講演の『食事摂取基準(総論) 専門職の職業倫理』の内容が素晴らしく、久しぶりに頭の中に知識が流れ込む音を聞いたような気がしました。

そうでした、まかない婦も昔は勉強していろいろなことを知るのが大好きだったのです。

ですが一瞬昔に戻った頭脳のひらめきも今ははかなく、凡庸で怠惰ないつものまかない婦に戻っています。

さて実は昨日はまかない婦の祖父結蔵の70回忌でした。このことを知らせてくださったのは遠い親戚の方です。母にとっては従姉妹に当たるその方が知らせて下さらなければまったく気づくことすらなかったことです。

DSCF4711_convert_20140601141441.jpg
母に頼まれて大の酒好きだったという祖父のためにとっておきの日本酒をお供えしました。萬歳楽の『大吟醸古酒 白山』です。

そして昨日はまた友禅作家の叔父と3人で食事に出かけました。最初の乾杯は乾杯ではなく「献杯!」 の一声で始まりました。

昨日行ったお店はいちば館2階の口福さんです。珍しく店内は満席ではありませんでした。

IMG_1596_convert_20140601131638.jpg
付き出しのホタルイカのピリ辛煮です。先日くすの樹さんでも同じような突出しが出ていました。ホタルイカの時期は意外に長いのですが、買うお客の方が飽きてしまうので次第に売れなくなると魚屋さんに聞いたことがあります。確かに季節は春から梅雨に差し掛かっていますよね。

IMG_1598_convert_20140601131706.jpg
最初に梅貝のお刺身が出てきました。とっても活きが良くて美味しかったです。刺身のつまの大根のけんも手作りです。そんなところにお店のやる気が見えますよね。

IMG_1600_convert_20140601131737.jpg
のどぐろ(全国的には赤ムツ)のお刺身は脂がのってトロリとしています。

IMG_1602_convert_20140601131813.jpg
ジュンサイと生ウニの酢の物です。前日に食べた地物のジュンサイと比べてイマイチだと母が言うのでお店の人に聞こえやしないかとまかない婦はドギマギしてしまいました。しかも母はトマトが嫌い、叔父は雲丹が苦手ときています。それなりに美味しかったよ、ホントに。

IMG_1610_convert_20140601131937 - コピー
ガスエビのお刺身です。叔父はどうやらガスエビが好きみたい?でもいつも行くお寿司屋さんではガスエビは見たことないですね。すぐに鮮度が落ちてしまう厄介な食材の1つです。これは鮮度バッチリでしたよ。

IMG_1608_convert_20140601131906 - コピー
珍味の盛り合わせも頼んでみました。長芋のコノワタ和え、クルミと何かの佃煮(ごりかな?)、へしこ(魚の糠漬け)と大根おろし、ホタルイカの沖漬けです。どれも旨くて酒がすすみます。ちなみにお酒は手取川さんの大吟醸吉田蔵です。

IMG_1605_convert_20140601131839 - コピー
来店したら必ず食べるジャコと根菜の温玉サラダです。パリパリに揚がった牛蒡が香ばしくてまかない婦とその母のお気に入りです。

IMG_1614_convert_20140601141148 - コピー
蚕豆の塩焼きです。自宅でも時々まねっこして作っています。

IMG_1612_convert_20140601132006 - コピー
母の大好物加賀蓮根のハス蒸しです。思ったより簡単に作れるので自宅でも時々作っています。

IMG_1616_convert_20140601141220.jpg
フグの白子の焼き物です。

確かこの後もう一度珍味の盛り合わせをいただきました。

IMG_1617_convert_20140601141248.jpg
〆の冷たい茶蕎麦です。あまり覚えていないのですがいつもおいしいです。

というわけで70回忌の記念食事会?は終わりました。叔父はどうやらくすの樹さんに行きたかったようです。ゴメンネ、次はくすの樹さんにしようね。でも口福さんも食事は美味しいよ。飽きないようにいろんなお店に行けば楽しいぞ。

近所にもお店は続々と出来てきています。楽しいこといっぱいしようね。
スポンサーサイト



* Category : 外食
* Comment : (6) * Trackback : (0) |

* by ごえもん
そら豆の塩焼きは知りませんでした。家でできそうです。いつもさやをむき塩茹でのワンパターンでした。それからスーパーでジュンサイをみつけました。能登産と比べてみたいものです。まかない婦さんのお陰で気が重い毎日の食支度にちょっとした楽しみができました。

Re: タイトルなし * by まかない婦
ごえもんさん、蚕豆を目の前で焼きながら食べると楽しいと思いますよ。

そしてジュンサイなのですが天然物は絶滅危惧種に指定されているようで、生産者の名前も分かっているトレーサビリティーのしっかりした品物だと思っていたのですが心配なので今調べています。

そちらではのどぐろや赤イカなどは売っていますか?故郷の味は手に入るのでしようか?

今日も嫁さんが門前の出の社員から乾燥ワカメを沢山貰いました。門前の人たちはくれる量が半端ないです。e-351

* by ごえもん
柿市商店さんには門前の方がいらっしゃるのですね。(驚嬉笑!)  同郷です。私の実家の母は今も元気で趣味の野菜作りや山菜取り、山野草やのときりしまつつじで楽しんでいます。椎茸や筍も自家製、そしてなぜか乾燥わかめはいつもたくさん送ってきます(笑)。母が元気な間はせっせと頂く事にしています。それも親孝行だと。

Re: タイトルなし * by まかない婦
ごえもんさん、前に言ってなかったでしょうか?義妹の郷に当たる伯父夫婦が門前で暮らしております。とても良い人たちでいつも大量の何かを送ってきてくださいます。

社員の中に奥さんが門前の酒屋さんの娘だった方が居り、酒は亀泉が好きだそうです。こちらの方からも時々頂き物のおすそ分けが届きます。

* by ごえもん
まかない婦さん、門前情報in柿市は初耳いえ初見でした。二度びっくりです。土までもやさしい能登は人もやさしく女性は働き者と。例外のある事は我が夫が一番よく知っています。石川のお酒を取り寄せし始めた頃、「だからのん兵衛の家系は嫌だなあ~」と言った夫。今は殆ど自分が飲んでいます。しかも亡くなった父は確かにお酒大好きでしたが母は下戸です。柿市姉妹語録をお借りするなら「ハア~。ど~なっとらんけ!ゆっとくけど、のん兵衛の家系じゃないし!。しかも私が注文したお酒、勝手に全部飲まんといてま。」と言いたい。

Re: タイトルなし * by まかない婦
ごえもんさん、金沢弁健在ですね。でもやっぱり門前の方言とは少し違うみたいで、以前門前出身の手取川の杜氏さんと飲んだ時言葉が分からないところが結構ありました。

さほども離れてはいないのに不思議ですね。

コメント:







管理者にだけ表示を許可する