FC2ブログ
07 << 2020/08 >> 09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2014-05-31 (Sat)
こんにちは、まかない婦です。

昨日は早速初物のジュンサイを茹でて至福のひと時を過ごしました。

DSCF4683_convert_20140531114059.jpg
ザルに取った地物のジュンサイです。天然物のジュンサイはゼリー部分が栽培物の2倍ほどのボリュームだそうですが、実際にお目にかけられないのが残念です。

DSCF4693_convert_20140531114155.jpg
茹でて鉢に入れたジュンサイをお玉ですくってみました。プルプル感が伝わるかしら?

DSCF4696_convert_20140531114220.jpg
ジュンサイだけを小鉢に入れた写真です。

DSCF4703_convert_20140531114247.jpg
ポン酢を少し垂らしてみました。透明なところはすべてジュンサイのゼリー部分です。

DSCF4692_convert_20140531114123.jpg
昨晩のまかない婦宅の夕食です。メインはステーキのはずだったのがジュンサイに主役の座を奪われてしまいました。

サラダはパパイヤとスナップエンドウ、ブリックスナインというフルーツトマトです。ほうれん草の納豆和えは作ったものの完全に無視されていました。右奥の赤っぽいものはハジカミという魚料理などに添えられる筆生姜の削りかすを酢の物にしたものです。

味付けしていないジュンサイにこれを少し混ぜ込んだだけで味付けせずに食べたものが最高に旨かったです。

無茶苦茶高い地物のジュンサイですが、頂くことで小さな幸せを感じます。昨晩は本当に堪能いたしました。 まさに自然からの頂き物ですね。
スポンサーサイト



* Category : 食べ物
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

* by ごえもん
「じゅんさい」はあまり食べる事がないのですが、まかない婦さんがどれだけお好きなのかが伝わってきます。もしどこかで見かけたら食べてみようと思います。因みに昨日のお飲み物はどなた?

Re: タイトルなし * by まかない婦
ごえもんさん、このジュンサイが県外に出回るとは考えにくいです。

ジュンサイは本来細かいものの方が高いのですが、こればかりは別格のようです。

ジュンサイのお供の酒は相性が良くなかったかもしれません。何せステーキに合わせて購入したものです。物はチリのコノスルというメーカーのシラーというブドウの品種で20バレルという格です。ですから名前は「コノスル シラー 20バレル」です。

ジュンサイとは合わなかったけどなかなかにおいしい赤ワインでした。

じゅんさい * by いぬこ
まかない婦さん、いぬこは一度だけじゅんさいを食べたことがあります。美味しくはなかったです。
今思えば、価格も安かったので、養殖ものとか、そういうものだったのでしょうね。
まかない婦さんが、讃歌しているので、じゅんさいを調べてみました。
水草だったのですね。昆布のような、どろどろ感が、謎の生物でした。
調べたときに、日本のほとんどの県が、絶滅危惧植物になっておりました。
まかない婦さんのは、天然ものとありましたが、絶滅危惧植物を食べられるんですか?

Re: じゅんさい * by まかない婦
いぬこさん、絶滅危惧種とは知りませんでした。どうなっているのかは分かりませんが、生産者の名前入りで出荷されているところを見ると怪しい品でもないようです。

ですが心配なのでうちの社長に聞いてみることにします。

コメント:







管理者にだけ表示を許可する