FC2ブログ
07 << 2020/08 >> 09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2014-05-24 (Sat)
こんにちは、まかない婦です。

今日当社のお昼御飯はカレーシチューと新玉ねぎのサラダでした。

どちらも割と評判が良かったようで、てんこ盛りにして食べている社員が結構居ました。

IMG_1584_convert_20140524134014.jpg
こんな感じですか・・・

しかもこれがアラフィフの人たちです。人たちと言っているところでお分かりだと思いますが1人ではありません。

ニッコニコのいい笑顔でてんこ盛りのお昼ご飯を食べていました。

50才前後ということはそろそろ食欲も下り坂にもなりそうに思いますが、さすが柿市商店獣の国、老いてますます盛んとお見受けしました。まあ、50歳が老いているとはあまり思ってはいませんけどね。

今日金沢は爽やかに晴れ渡り珍しく良い天気です。

当社のツバメたちも1羽は巣立ち、残りの5羽も元気に巣に戻ってきていました。ここまでくればもうほぼ大丈夫でしょう。

でも、あんな小さい巣の中に6羽もの雛が居たのかと思うと驚きです。今はみんな大きくなったので巣のかかっていた蛍光灯の傘の上で並んで羽ばたきの練習をしています。すでに飛べるのですがまだちょっと心もとない感じです。

雛を見上げる社員たちは一様にほっとした顔をしています。糞がたくさん落ちてきてややご迷惑な間借り人でしたが無事に育ったことがみんな嬉しいのです。

毎年あからさまに見せつけられる小さな命の戦いがいつも勝ち戦とは限りません。雛が2度カラスにやられた年もありましたし、親鳥の片割れが死んでしまった時もありました。

カラスも生きていかねばならないのだから仕方のないことでもあるのですが、身近に息づく小さな命が奪われるのは何とも嫌なものです。

老いてますます盛んな社員たちは芽吹いたばかりの命も大切に思ってくれているようです。

ツバメが来る家は栄えるといいます。毎年二組ほどのツバメが子育てをしますがまかない婦の父が亡くなった年とその翌年、そしてまかない婦の母がガンで入院した年はツバメはやってきましたが巣作りはせずよそへ行ってしまいました。

この家不吉だわ!と感じるのでしようかね?

とりあえず今年はまがまがしきことはないようです。ですよねっ、ツバメ君?

スポンサーサイト



* Category : 柿市従業員食堂
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する