FC2ブログ
07 << 2020/08 >> 09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2014-05-16 (Fri)
こんにちは、まかない婦です。

今朝出勤してきたら厨房のカウンターの上に筍がのっていました。

DSCF4595_convert_20140516122038.jpg
これです。まかない婦この筍を見て考えました。おやっ?筍山を持っているN君がまたくれたのかな?いや、でも急に貰っても今日のメニューは決まっちゃってんだけど・・・でもせっかくだし変更するか・・・

そんなことを考えながら手持ちの材料でどうやってこの筍を使おうかと考えていると社員のA君がやってきて「この筍茹でておいてもらえますか?」と言ってきました。

あっ、そ・・・そうなんだ、別に従食で使えって話じゃなかったのね・・・

頂いた筍をこんな風に料理しましたとブログに載せようかと思って写真まで取った自分が少し恥ずかしく、また哀れでした。

それにしても筍のシーズンもほぼ終わり、北限の筍と言われる地物も竹に近い筍になっているというのに今朝渡された筍は切り口も真っ白で綺麗でした。どこの筍なのかしら・・・?

筍の旬は終わりましたが金沢の台所と言われる近江町市場の魚屋さんにコゾクラが並び始めています。コゾクラって鰤のうんと小っちゃいやつですが、これが出始めると梅雨を予感させます。魚にも季節を知らせてくれるものがあるんですよね。

コゾクラは日を追うごとに大きくなります。金沢ではこの出始めの金魚より少し大きいほどのコゾクラが珍重され酢を加えただし汁で炊かれます・・・(家だけかも?)鮎より大きくなるとコゾクラとしての価値は半減してしまうのでほんのわずかの旬の味です。

まかない婦宅では昨日いただきましたが、残ったコゾクラが冷蔵庫の中で煮凝り状態になっていて昨日より美味しそうになっていました。これは社長が持って帰り今晩の酒の肴になる予定です。

お刺身とコゾクラを持っておとなしく帰るのかと思っていたらまかない婦が調理中の蕗を見て目を輝かせていました。 社長は蕗が大好物 結局蕗が炊き上がるまで待っていたようです。

ついさっきニッコニコの顔で蕗をつまみ食いしていました。あまりにわらびしい(子供っぽい)ので笑ってしまったまかない婦です。 あげますよ、どうせそんなにゃ食べられっこないんだから。

それにしても今日手を手術したとかで食べ物どころではないだろうに、よくよく食べることが好きなんだよねぇ・・・ 呆れるを通り越して少し感心しているまかない婦でした。
スポンサーサイト



* Category : 柿市従業員食堂
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する