FC2ブログ
07 << 2020/08 >> 09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2014-05-15 (Thu)
こんにちは、まかない婦です。

昨日中央市場が休みだったので当社もお休みでした。出番の人たちの少人数の昼食も終わり、後片付けも済んだので駅中の眼鏡屋さんに出かけました。

メガネの鼻パットが取れてしまったので直してもらいに行ったのです。それはすぐに終わったので着いたばかりでしたが一緒に出掛けてきた母と2人でアイスコーヒーで一服しました。

その後大好きな本屋さんで文庫本を5冊買いこみました。近場の本屋さんは品ぞろえが悪すぎて買いたい本が無いのですが、駅付近には良い本屋さんが何軒かあります。読みたい本が見つかってかなりご機嫌です。

その後オンシーズンの靴下を買い求めました。変わったデザインの靴下がようやく買えるようになりさらに機嫌は上がります。 つい最近まで足が大きすぎてまともな靴下が無く、ず~っと男物の靴下をはいていたので靴下を買いあさる欲求を押さえられません。

それから駅に隣接して建てられているフォーラスというファッションビルに向かいました。ここでTシャツを2枚買い、遅ればせながらの母の日プレゼントにゴマ粒の半分ほどのダイヤの付いたネックレスを買いました。あんなに小さなダイヤがあるんですね。

せっかくプレゼントしたのにネックレスを付けてもらった母に向かって「そのしわくちゃの首にピッタリや。」と憎まれ口をたたいたので母はかなり気を悪くしたようでした。すんません。 まかない婦のこの口はとかく要らぬことばかりしゃべる口のようです。

この後『ビリケン・シュトック』と言うお店でサンダルを買いました。まかない婦足に難有りなので足回りは結構お金をかけています。今回のサンダルもかなり高かったのですが外反母趾のうえ足が大きく、その上踵は小さいという特殊な足ではお金のことを言っている場合ではありません。

母はその次のお店でブラウスを買っていましたし。前のお店で靴下やポチ袋なども買っていました。

しかし、母と2人の楽しいショッピングに突然の終わりが来ました。母の携帯が鳴り、葬式の名札打ちに帰らなければならなくなったのです。

しかし、時すでに6時半。お通夜は多分7時からでしょうし今から急いで会社まで帰っても間に合いそうもありません。

「社長を呼べ!」の母の一言でまかない婦はすぐに社長の携帯に電話をかけました。話を聞いた社長はしばらくぐずっていましたが、1分後には観念して「分かった。」と言ってくれました。

自分たちも急いで帰りましたが、まかない婦たちが会社に着くのとほぼ同時刻に柿市のトラックが大急ぎで出ていきました。頼む!間に合ってくれ

それにしても何かの時に呼び出されるのが社長やまかない婦たちというこの会社のシステム、何とかなりませんかねぇ?ちょっとばかし困るんですけど・・・

まかない婦たちなど墓参りやショッピングから急きょ戻ってくることはしょっちゅうですし、社長に至ってはもう一杯やっちゃっていたので義妹を運転手にしての緊急出社もたびたびです。

3ちゃん農業的な会社の経営者は結構辛いもんです。でもまあ、そのおかげで買い物なんかも出来るんですけどねぇ・・・
スポンサーサイト



* Category : 柿市商店
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する