FC2ブログ
07 << 2020/08 >> 09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2014-05-12 (Mon)
こんにちは、まかない婦です。

昨日当社ビルの正面巨大シャッターの全面改修工事が決行されました。かなり大掛かりな工事でしたよ。

IMG_1536_convert_20140512151404.jpg
こんな感じで何時間もかかっていました。

シャッターの上げ下ろしに実に不気味な音がするので見ていただいたのですが、シャッターを巻き取るロールの歯車部分が磨り減っていつドカンと落ちてきても不思議ではない状態だったらしいです。

修理に100万円以上かかるらしく社長は渋っていました。彼にすれば一刻も早くよその広い場所に移転したいのだから気持ちは分からなくも無いのですが、知っていてもし事故が起こったら韓国のセウォル号と同じじゃないですか?それだけは勘弁してくれと母が強く訴えていました。

本当に人の命はお金には代えられません。

韓国の人たち悲しいでしょうね。ちょうど日本の3.11と同じなのではないでしょうか?あの頃私達も喪に服するような時が長く続きました。それにしても毎日のように遺族の人たちの感情を逆なでするような情報が小出しに出てきて、あれでは心底たまらないだろうと思いながら見ています。

さて、当社の話に戻ります。

シャッターはどうやら直ったようですがやはり築26年、いろいろなところに不都合が出てきています。まかない婦の働く厨房でもグリストラップの金属部分が破損していて、鉄板を持ち上げたり籠を引き上げたりするのにかなり力が居る状態です。

排気のダクトもどうやらまともではないようでそのため作業場の温水器を使うことが出来ません。

休憩室の換気扇はようやく治してもらったので、今では焼き肉をしても非常ベルが鳴り響くことは無くなりました。あの時は本当に泣けてきましたよ。

強風の時にまくれ上がり、風にはためいていた自社ビル前の店舗のシャッターといえば、風が吹かないことを願うだけ状態ですし、その建物内の風を防ぐための間仕切りカーテンは見るも無残な有様になっています。

建物ばかりではなくその中で働く社員もかなりガタがきている人が見受けられます。ある女性社員は一日腰に手を当て働いていました。腰痛が半端ないことになっているようで彼女と社長とで代わりばんこに近所のペインクリニックに通っているようです。

今日のお昼御飯中にもある社員が歯が取れたとか言っていましたし、腰痛はもとより腱鞘炎やばね指なども当社の職業病のようです。

自社ビルもその中で働く人たちも半壊れ状態です。 大丈夫なのか柿市商店?・・・あまり大丈夫ではないような・・・

スポンサーサイト



* Category : 柿市商店
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する