FC2ブログ
07 << 2020/08 >> 09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2014-05-04 (Sun)
こんにちは、まかない婦です。

昨日久しぶりにお寿司屋さんへ行ってみました。日中はずっと仕事なので夜はなるべく外食してこのゴールデンウイークを楽しく過ごそうという作戦です。

丁度甥がひょっこりと閉店間近の酒屋に顔を出しました。妹家族はキャンプに行っているのですが、彼だけは学園祭で遅くなったので居残り組だったらしいです。

その学際の帰りに荷物を酒屋にあずかってくれと顔を出したので彼も誘って母と3人でお寿司屋さんに向かいました。

しかし、行ってみるとお店はかなり混んでいます。顔を出して聞いてみると何とか座れるとかで歓迎してくださいました。このお店に来たのは何か月ぶりだったでしょうか?

でも、なんとなぁ~く嫌な予感がしました。確か何年か前にもこの3人でこのお寿司屋さんに来て、満員で坐ったはいいけど何十分もお預け状態で甥がキレそうになったのです

そして、嫌な予感とはたいてい的中するものです。思った通りお預け状態のまかない婦たち。ようやく出てきた付き出しの小さな小さなホタルイカを甥と2人で分けて食べ飢えをしのいでおりました。母がホタルイカ嫌いなので私たち2人に分けてくれたのです。

甥は「イカの握りずしが食べたい。」と言っていたのですが、他のお客さんたちが注文するのでイカの切り身がどんどん小さくなっていきます。ピンチ!!

「すいません、この子の分のイカとっておいてもらえますか?」せっぱつまって頼み込んだまかない婦に「イカはまだありますから。」との返事が返ってきました。 そっ、そうですか・・・

そして数年前にはキレかかっていた甥が「僕のことは気にしないで良いから。」とまかない婦をなだめるのです。この子も大人になったものだと嬉しく思いました。

その後少し余裕が出来たらしく、切り分けられた卵焼きの次にイカの握りが2貫甥の前に並べられました。赤西貝、梅貝、赤貝、ウニ、白貝、車エビ、アナゴ、かっぱ巻きと立て続けに出てきた鮨は待たされた分余計においしく感じられました。甥はこの他にも中トロとしめ鯖の握りも食べていました。

鮨は美味しかったけど忙しさのあまりイラついている若主人が気になって落ち着かない思いをしました。

こんな日に来たのが悪かったとは思ったけどしばらくまた足が遠のきそうな気がしています。鮨は美味しかったんだけどねぇ・・・
スポンサーサイト



* Category : 外食
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する