FC2ブログ
07 << 2020/08 >> 09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2014-04-10 (Thu)
こんにちは、まかない婦です。

昨日めまいでクラクラしていたのでどこにも出かけずグダグダの一日を過ごしました。と言ってもグダグダできたのはほんの2時間ほどです。使い道を考えるほどの時間でも無かったか・・・

さて、このところしつこくアップしてきた大吟醸の初しぼりの飲み比べです。ついに、3回戦!!まかない婦にとっての今年のグランプリが決まりました。

DSCF4483_convert_20140410123011.jpg
3回戦に進んだのはこの3本。加越、長生舞、宗玄です。

飲み比べる前は長生舞が一歩リードかな?と思っていたのですが改めて飲み比べてみると、加越もやっぱり旨くて甲乙つけがたく感じました。いや、加越の優しい味わいが少し勝っていたか?

いえいえ、やっぱりどちらとも言えぬほど旨いです。そこで今年は加越と長生舞両方に金メダルを差し上げることにしました。と言っても話の中だけの金メダル、しかも進呈するのはまかない婦ですハハ

そんなもん貰ってもどちらの蔵も嬉しくないどころかランク付けされていることすら知りませんよね。あくまで個人的な感想です。

でも、出始めに10本ほど買ってくれた名古屋の叔父が「長生舞と宗玄が旨かった。」と言っていたのでやはりと思ったのですが、加越はどうだったかと聞くとそれは飲んでないとのお返事。

追加で10本注文をもらったので加越、宗玄、長生舞は入れておきました。おーいターちゃん、加越の感想も聞かせてね。

ということでこのブログを見ている人には目障りだったかもしれない飲み比べは今日でおしまいです。でも個人的には在庫がある間はちょくちょく飲んでやろうと思っています。本当においしいから

そしてチーズと間違ってザックリ切ってしまった指ですが、ハイドロコロイド素材の絆創膏を貼りっぱなしで血みどろのままなので貼り換えたいのですが傷にビッチリ貼りついていて取れません。無理に取ろうとするとくっつきかけている傷をまた引っぺがしかねないので毎日はがれたところまでを鋏で切りながら、少しずつきれいにしています。

でも自分で見るのも気味の悪い傷です。どんなことになっているのやら・・・

以前東京で1人暮らしをしていた時も手ひどく指を切ってしまったことがありました

丁度栄養士の学校に通っていたころで、日本料理の先生が実習の度に研ぎの点数を付けるので前日にはみんな自宅で庖丁を研いで提出しなければなりませんでした。

そして研いでいた包丁と砥石の間に指先が挟まり指先が切れて、爪の1/4ほどが指先の身がくっついたまま何処かに飛んで行ってしまったのです。自分の指先を探すというシュールな体験をしたのですがとうとう見つかりませんでした。「ママ、僕のあの指先、どこへ行ったのでしょうね?」あっ、あれは帽子だったか・・・

大変な出血だったし、真っ青になったけどあんなとき1人暮らしは辛いものです。今回のように指を握って血を止めてくれる人もなく、どやしつけてくれる人もいなかったわけです。

高性能の絆創膏もなかったのでトイレットペーパーを巻いて何日か通学したのを覚えています。ペーパーを替える度何日も出血し続けました

最初の頃は指が変形していましたが、今ではどちらの手だったのか見分けがつかなくなっています。時とはすばらしいお医者様です。怪我も心の痛みも時が癒してくれるのですから。

さて、そろそろ酒屋の店番交代の時間です。消費税対策でフラフラになっている妹と交替してやらねばなりません。彼女は頭の中が大混乱しているようで見るも哀れな状態です。

大丈夫かな?今度の土曜日手取川の杜氏さんとデートなのに・・・めまいでフラフラのまかない婦と消費税にクラクラしている妹を連れ杜氏さんまでおかしくならなきゃ良いけど・・・

まっ、私たちを誘う時点で軽くおかしいから良いか?

そんなこつで~す。ホナ
スポンサーサイト



* Category :
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する