FC2ブログ
07 << 2020/08 >> 09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2014-02-18 (Tue)
こんにちは、まかない婦です。

まずこれを見てください。

DSCF4245_convert_20140218123628.jpg
明日の展示会用に当社が仕入れた3個入りの『のとてまり』プレミアムのうちの1個です。展示会は日曜ではなく明日なのだそうです。明日なら行けそうですので会場でまたこの椎茸とご対面の予定です。

DSCF4247_convert_20140218123657.jpg
特大の『のとてまり』を愛おしそうに見つめる特大の社長です。特大の人が持ってもこの大きさです

さて、今日の話題はのとてまりではありません。実は酒屋のお話です。

昨日、酒屋に社長がやってきて妹に聞きました。
「ビールの大瓶っていくらだ?」そして金額を聞いてぶっ飛びました
「何じゃ、高い!!」そうです、当店は世界一ビールの高い酒屋なのです。

別にもうけを吹っかけているわけではありません。仕入れ値が異常に高いのです。これではジャスコあたりで仕入れてきた方が安いので、本気でそうしたいくらいです。まったく、他の店の売値の方がうちの店の仕入れ値より安いというのはどうしたことでしょう?

仕入れ先にこの矛盾を聞いてみたところ何十ケースも買ってくれれば値引きが出来るというのですが、そんなに売れるはずの無い酒屋なので高い仕入れ値に甘んじています。

話を戻しますね 実は社長、お客様からビールを寄付してくれと頼まれたのだそうです。ですがあまりにも値段が高いので社長のケチ心がフルフルと震えました。

ビールは普通20本の箱入りです。
「12本で良いだろう。」良いだろうと言われてもその12本を何に入れて持って行くつもりなのか?12本入りの箱も存在しますが、ギフト用なので仕入れなければなりません。

やはり待ったなしのようで妹は仕方なく日本酒の空き箱にビールを詰めました。

しばらくすると配達の担当者が酒屋に顔を出しました。
「社長に言われて来たんだけど、ビールってどれ?」
「これやけど・・」
「こっ、これっ?」ビールにはあるまじき段ボールの箱にガラガラと詰められたブツを見てひるむ担当者

妹が気の毒そうに言います。
「あんた、これ持ってくが勇気がいるぞ。どや、途中で割らしてしもたことにすれば・・・」 悪魔のささやきに一瞬心が動いたか?それでもけなげに
「俺、頑張る!」の言葉を残しビールをガラガラと揺らしながら彼は出て行ったそうな・・・

あな哀しや柿市商店、世界一高い仕入れ値と世界一シブい社長に挟まれ、若い社員は恥をかきに走って行きました。頑張れ~

P.S.20本入りのビールケースに8本だけ残された瓶ビール、箱売りしかしていない当店でどうすれば良いのかと妹が社長に尋ねると
「おっかさんにでもこうてもらえ(買ってもらえ)。」だそうです。

オイオイ、自分の不始末母親にさせるんかい?呆れた50男はしてやったりのウヒヒ顔で酒屋から去って行ったそうな・・・めでたし、めでたし・・・か?
スポンサーサイト



* Category : 酒屋のお仕事
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する