FC2ブログ
07 << 2020/08 >> 09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2012-05-27 (Sun)
こんにちは、まかない婦です。

唐突ですが27日はまかない婦の父の月命日です。毎月月末の休日に母と2人で墓参りに行くのですが、その帰りに東急ホテルのラウンジに立ち寄りカクテルを飲んで帰るのがここ十数年来の密かな楽しみになっています

カクテルはいつも決まっています。母がキール、まかない婦はマティーニです。多分東急のラウンジでは私たちは「キールとマティーニ」と呼ばれていることでしょう。

CIMG0193_convert_20120527175516.jpgCIMG0196_convert_20120527175603.jpg
左がキールとおつまみのチーズの盛り合わせです。右はmy favorites cocktail マティーニです。

このキールとマティーニにあるとき危機が訪れました。まかない婦の母が大腸がんに侵されていることが分かったときですショック!

しかも会社の検診で再検査の警告を受けた後一年と四ヶ月もほったらかしにした挙句に、二度の下血と便の変形が現れた後でようやく医者に行ったのです。その場でガンと診断され、家族が呼ばれました。

それを聞いたまかない婦はもうだめだと思いました。絶対に手遅れだ、私は母を失うのだと思うと涙が止まりませんでした

結局母の手術は無事に終わり、奇跡的におとなしい不活発なガンだったため再発もなく今に到ります。ですが、今まで普通にしてきたことが、どれほど幸せなことなのか思い知らされました。

キールとマティーニは二度と一緒に飲めないと思っていたので、母が退院してきて最初に一緒にカクテルを飲んだときは嬉しさに心が震えました。

余談ですが会社の人達は母が生きて戻ってくることはないだろうと思っていたようです。なぜならまかない婦が毎日泣きはらした土偶のような顔で働いていたからです

ですから母が一ヶ月も経たずに退院してきたときには皆ポカーンとしていました。

ごめんなさい 母の予後が良いことは重々分かってはいたのですが、頭の中に悪い想像が渦巻いていてそのシナリオをたどって空想の世界に涙していたのです

人格のもろさがこのような場合強く出てしまうようです。いつも周りまで巻き込んでしまう人迷惑なまかない婦でしたスマンスマン
スポンサーサイト



* Category : 家族
* Comment : (0) * Trackback : (1) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する


FC2ブログユーザー専用トラックバック URL
まとめtyaiました【キールとマティーニ】
こんにちは、まかない婦です。唐突ですが27日はまかない婦の父の月命日です。毎月月末の休日に母と2人で墓参りに行くのですが、その帰りに東急ホテルのラウンジに立ち寄りカクテ... …
2012/05/28 22:57 まとめwoネタ速neo