FC2ブログ
07 << 2020/08 >> 09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2014-02-04 (Tue)
こんにちは、まかない婦です。

IMG_1294_convert_20140204135919.jpg
金沢今日は本気モードの雪が降っています。ほぼほぼ吹雪の状態です

昨日お隣のおじさんのお通夜へ行って来ました

喪主の方は養子さんなのですが、奥さんであるおじさんの娘の方は小さい時からのご近所で良く知った顔です。お通夜の前に道でバッタリと会ったのでお悔やみを言っておばさんの様子を聞いてみました。2人暮らしの片割れが突然亡くなればさぞかしショックでしょうし、年齢も高いので心配です。

彼女は大丈夫だと言っていましたが、通夜の席で見かけたおばさんはいつもと違って一気に年を取ってしまったように見えました。いつものシャレの利いた朗らかな感じが見かけられず心が痛みます。

まあ、連れ合いの通夜の席で朗らかだったりシャレをぶちのめしたりは出来ませんけどね。

でも、女の人は強いから立ち直ってくれますよね?次の世代の同年代の夫婦は住んでいる所も違い疎遠ですが、お隣のおじさんおばさんとは挨拶したり、話したり、物を買ってもらったりしていたので結構親しみを感じていました。特におばさんの屈託のない態度が大好きです。

だから昨日のおばさんの様子が気になって仕方ありません。話しかけたかったのですが、周りに親戚の人たちなどがたくさんいて近づけませんでした

それにしても親戚の席に座っている人が多いなと思っていたのですが、亡くなったおじさんに兄弟が沢山いたようです。ちょうど母が同年代で幼馴染のご近所さんといっぱい会ってそんな席にはやや不謹慎ですが嬉しかったようです。

母も兄弟が沢山いますから「やっちゃん、くんちゃんは元気か?」とか色々聞かれたらしいです。兄弟の年齢は見事に被っていて、亡くなったおじさんと母の姉が同い年、一番下の名古屋の叔父の同級生もいて消息を聞かれたとか。

こんな時亡くなった人が会わせてくれたのだなあといつも思います。

葬儀の席から帰宅した母は本当に嬉しそうでした。

おじさん、ありがとう おばさんのことあんまり早く連れてかないでね。お願いします。

スポンサーサイト



* Category : 出来事
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する