FC2ブログ
07 << 2020/08 >> 09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2013-12-27 (Fri)
こんにちは、まかない婦です。

忙しい合間を縫って来月のホームページの原稿をようやく上げました。今回トップページ用に作った料理は源助大根と鱈の白子の酢の物です。

IMG_1189_convert_20131227164100.jpg
これがその酢のものです。取り合わせた酒は加越酒造さんの大吟醸『加賀の月』の袋しぼり無濾過生です。

実はこのお酒入荷がもう少し先になる見込みでしたので最初は別のお酒と組ませて写真撮影も済ませました。そのほんの少し後に入荷してきたのです。さっそく妹と2人試飲してみたところあまりの旨さに来月のトップはこれしかないと意見が一致し、もう一度写真の撮り直しをしました。

微妙に時間が過ぎてしまったので料理の出来栄えは少しダウンしてしまいましたが背に腹は代えられません。酒とのコラボがテーマのホームページです。料理はどちらかというとこのお酒の方にマッチしそうです。4合瓶で1575円の値段からは考えられないほど高貴な味がします。

そして当然のように追加注文をかけました。去年は何回も追加注文をかけたのですが途中で売り切れてしまいました。今回はなるべく厚めに取ることにします。

その追加注文のお酒を昨日加越酒造の蔵人奥田さんが届けてくださいました。

恒例の自己紹介に恒例の「知ってますけど。」の突込みを入れ、年越しのあいさつをするうち。奥田さんがまかない婦に「お酒の飲み過ぎに気を付けてください。」とおっしゃったのでした。

酒蔵の蔵人に飲みすぎ注意の札を貼られるまかない婦とその妹です。奥田さんはさらにおっしゃいます。「ホームページで時々見ますが破天荒ですね。」

今まで色々な人にいろいろ言われてきましたが破天荒は初めてです。多分豪快な人という意味で言われたのだと思うのですが、念のために破天荒の意味を検索すると本当は前人未到のことを成し遂げるという意味らしいです。

前人未到と言われるほどの酒のみではありません。せいぜいがただの「飲んだくれ」程度です

妹の方はまかない婦よりかなり気合の入った酒のみなので破天荒は彼女のことを指して言ったのかもしれません。

とにかくこんなうまい酒があれば飲まずにはいられません。加越酒造さんも罪作りな酒を造ったものです。

これは来年の大吟醸の初しぼりも期待しちゃうなぁ

明るい春が少しだけ見えたような気がしました。
スポンサーサイト



* Category : 自分
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する