FC2ブログ
07 << 2020/08 >> 09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2013-11-30 (Sat)
こんにちは、まかない婦です。

やらかしました

妹がまかない婦を恨んでいます そして呆れかえっているようです

恨まれているのは昨日の吉田酒造さんでのお酒の会に行くのに店を早じまいして出かけたのに、松任へ行くつもりで乗った列車が七尾行で全く逆方向へ行ってしまったからです。

列車の乗り場が4番だと思い込んでいたので4番ホームに止まっていた列車に乗り込みました。列車の頭に『七尾』と書いてあったのを見て、脳の奥深くでは間違っていることに気付いたはずなのですがまかない婦の頭の中では『ふーん、この列車七尾から来たのかな?」との声が響いていました。自分で自分をだましていたのですねきっと。

妹と2人で乗った列車は結構混んでいたのですが早速手持ちの文庫本の読書に没頭したので全く気になりませんでした。しばらく乗った挙句妹が「こんなに時間かかったっけ?」と言いだしました。

水戸黄門の印籠ばりにまかない婦に突き付けられた妹のスマホは列車の到着時間をとうに過ぎ、蔵人との待ち合わせの時間さえ軽くオーバーしていました。もしかして気づかないうちに通り過ぎてしまった?

一瞬パニックに陥りましたがどうやら反対方向に向かう列車に乗ってしまったようです。このままでは能登へ行ってしまいます

慌てて降りた駅が無人駅の中津幡です。駅前すらないこの町中を狂ったように歩きましたが見つけたバス停の時刻表は空欄・・・

結局降りた駅で小松行の電車を待ち金沢に戻ってきました。このまま乗っていれば松任まではすぐですが、折悪しく最悪の天気(特に大風が原因です)のため列車の運行は取りやめになり、別の電車に乗り換えて松任へ向かうことになりました。

その電車、東京の埼京線なみに混んでいました。しかも何十分も遅れています。

結局松任駅に着いたときは6時を軽く回っていました。大大遅刻です

勿論途中で連絡は入れましたが、混みあう電車の中では電話を受けることも出来ません。手を上に上げることさえ困難な状況です。

しかも、話の食い違いで松任駅まで蔵元の社長さんを迎えに来させるという最悪の手違いまで犯してしまいました。

「オイオイ柿市、遅刻したうえ社長に迎えに来いってか?」の世界です。

この後更にドツボにはまり、妹の感情は恨みから呆れに代わります。そのお話はまた明日にします。あんまりひどい話なのでさすがに自己嫌悪でへこんでいますから・・・

それでは皆様また明日

追記
この話で列車を間違えたまかない婦だけが悪いのでしょうか?妹はなぜ気づかなかったのでしょう?

さっき妹に尋ねてみたら「私はね、人に頼ると自分で全く考えないタイプなの、シャッター下ろしちゃった状態ね。」と自信満々にそう答えました。

・・・今度からまかない婦と行動するときはシャッターは上げておいておくれ!自慢じゃないけどまかない婦、かなり思い込みの激しい人間なんだからさっ
スポンサーサイト



* Category : 出来事
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

どっちもどっち * by N子
うん、うん。読んでて私もそうおもいましたよ。なんで気づかん??恨むってか、あんたも謎やわ。彼女の場合旦那もかなり思い込み激しいし、まかない婦さんもね〜ふふっ
なんでそんなもんに安心して頼るかね??あ、そんなもんって言っちゃった。。。(笑)

頼り過ぎ * by まかない婦
まかない婦の妹は身内にはきついのに外に出ると結構ヘタレです。全面的に人についていくことにしているようです。
だったら頼った人が失敗した時文句を言う筋合いはないのでは?自立してくれ!あんたいくつだって言いたいですよ。
怖いから言わないけどね(-_-;)

コメント:







管理者にだけ表示を許可する