FC2ブログ
07 << 2020/08 >> 09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2013-10-14 (Mon)
こんにちは、まかない婦です。

親戚の法事出席のため昨日一日ブログはお休みしました。毎日読んでくださっている方がもしもいらっしゃるならごめんなさい

まっ、多分そんな人はまかない婦の親戚だけだと思うので、あまり問題はないとは思うのですが・・・

さてさて、それではそのご法事の様子などお知らせしようと思います。

幸いなことに午後3時のフライトだったので、会社のお昼御飯は作っていくことが出来ました。

IMG_3855_convert_20131014153604.jpg
これです。揚げただけのシュウマイと、ザザッと作ったひじきの煮物です。そんなものでも作っていかないよりはマシでしょう。ひじきが嫌な人のために作ったモヤシのお浸しも茹でるだけ。とことんとんの手抜きおかずです。

午後1時少し前に武蔵が辻からバスに乗り、小松飛行場へ向かいました。今回一緒に行ったのは友禅作家の叔父と、柿市を退職した叔母、母とまかない婦の4人です。弟の社長は松茸のハイシーズンと連休、同窓会が重なったので当日朝直接メモリアルパークに来ることになりました。

小松空港で軽く食事を摂りました。

IMG_0973_convert_20131014121921.jpg
菊姫の大吟醸はワイングラスで出てきました。お供はニシンザル蕎麦。他の3人は生ビールと和風ラーメン、温かいニシン蕎麦で乾杯です。

バスに乗り込む前から共通の財布にそれぞれ一万円ずつ入れてもらいました。今後、この財布から食事代や交通費、など払っていきます。その方が楽なので何人かで出かけるときは必ず共通の財布を作ります

菊姫の大吟醸をいただいたまかない婦は他の3人よりちょっと得したかも?そんなこともひっくるめてOKの出ている共通財布です。

小松-成田便は人気のフライトですが、飛行機が小さいのがちょっと・・・ まあ、仕方のないことなのですが・・・

夕方5時には成田ビューホテルに着きました。千葉の叔父と名古屋の叔父はすでにチェックインを済ませ、私たちを迎えてくれました。

その日の夕食は中華のコース料理です

IMG_0975_convert_20131014121945.jpg
主催者の千葉の叔父です。おーい、叔父さん。去年までの飲みほの居酒屋とはかなり違いますね?

IMG_0976_convert_20131014122008 - コピー
「俺はもともと上品なんだ。」とシャレをぶちかまし私たちを煙に巻こうとする叔父ですが、確かに部屋も立派でした。

IMG_0977_convert_20131014122032.jpg
飲みほのまっ暗闇の居酒屋から突然のカクテルグラスに盛り付けられた前菜です。海老のマンゴーソース、ホタテのマリネ、栗、黒豆、焼き豚など、サーモンのゼリー寄せ、クラゲのいくら和えなどです。

IMG_0980_convert_20131014122056.jpg
ふかひれのスープ煮です。

IMG_0981_convert_20131014122119.jpg
3種の点心です。

IMG_0984_convert_20131014122141 - コピー
牛ヒレ肉と鮑のソテーです。

IMG_0987_convert_20131014122232 - コピー
揚げ魚の一皿です。

IMG_0990_convert_20131014122621 - コピー
お食事はチャーハンでした。

IMG_0991_convert_20131014122648.jpg
餃子のスープもついています。

IMG_0993_convert_20131014122716.jpg
デザートはどれでも好きなものを食べていいそうですが、何を勘違いしたのか千葉の叔父は全種類制覇を目指しています。

オイオイ叔父さん、確か糖尿病だったんじゃなかったっけ?

友禅作家の叔父もあれやこれや食っちゃってます。そんでもって残してます

酒もたらふく飲んだので、お支払いは6万円を超えていました。払おうとする千葉の叔父の手に友禅作家の叔父とmy母がお金をねじ込んでいました。

もぎ取るよりは良いけど、ねじ込むのも上品とは言えません。仕方のないこと、もともと全員が八百屋の出です。

この日この後も名古屋の叔父の部屋でビールを飲み、行きつけの寿司屋で作ってもらったバッテラをみんなで食っていました。どんだけ飲むねん?食べるねん?

みなさんお忘れかもしれませんが、本番のご法事は明日。今日はまだ前夜祭に過ぎません。

てか、法事に前夜祭って有りか?

はちきれそうになってる自分の腹を見つめ、考え込んでしまっているまかない婦でありました

続きは又明日
スポンサーサイト



* Category : 出来事
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する