FC2ブログ
個別記事の管理2013-10-11 (Fri)
こんにちは、まかない婦です。

千葉への出発を明日に控え、やっとタイムスケジュールを手に入れました。小松から成田の便は法事の場所へ行くには便利ですが、金沢から小松飛行場までのバスの便がいまいちです。

無用に待ち時間が長く、仕事を抱えたまかない婦には微妙にプレッシャーです。とにかく明日の献立は素早くできるもの これで決まりです。

な・の・に・・・友禅作家の叔父がバス停に29分前に行き、待つと言っています。・・・なんで?30分近くもただボーっと坐っているのもったいなくないですか?それだけあればクックパッドのごはん日記くらいは入力できますよ

まかない婦の親戚の人たちはこういった人(時間よりかなり先から準備する人)のことを『せきじん』と言います。せきじんとは急ぐ人というような意味です。これって方言かしら?

考えてみれば叔父や伯母たちはみんな『せきじん』です

以前友禅作家の叔父宅の法事があった時、他の叔父様たちはまかない婦宅にお泊りしていました。そして明らかに早すぎる時間に「もう寺へ行こう。」と言いだし、叔父たちに引きずられるようにまかない婦も寺へ向かいました。

するとその時に限って墓の掃除が済んでおらず、無用に早く行ったために墓掃除をする羽目に陥ってしまいました。すべて『せきじん』のなせる業です

丁度良い時間というものがあると思うまかない婦です。多分弟も同じだと思います。お互い仕事を抱える身ですからタイムイズマネー時間は大切です。

そう言えば昨日叔母が来ていましたが、「もう準備万端。今すぐにでも出発できる。」と言っていました。どんだけ前からたった一泊の外出のための用意をしているのか・・・?ある意味うらやましいです。

1日留守にするので、仏間の花がこれ以上見苦しくならないように今度は3つのアレンジを2つに組みなおしてきました。これが一番やらなきゃならない仕事だったかな?

アレンジを組み直し、3階厨房に戻ると後始末がまだ中途半端に放り出されています。これってどういうこと?

もー知らんぞ!
スポンサーサイト



* Category : 家族
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by やまねこ
わたくし、金沢生まれ金沢育ちですが『せきじん』という言葉は知りません。
どんな漢字を宛てるのかも見当がつきません。
強いて言えば、「せく(急く)人=せきじん」という意味でしょうかねぇ。

Re: タイトルなし * by まかない婦
やまねこさん、字をあてるとすればそれだと思います。

やまねこさんもご存じないのであれば、まかない婦の親戚の中だけの言葉なのかもしれませんね。

コメント:







管理者にだけ表示を許可する