FC2ブログ
07 << 2020/08 >> 09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2013-09-18 (Wed)
こんにちは、まかない婦です。

昨日の夕方弟である社長が、毎日まかない婦が近所の市場から買ってくる刺身を取りに3階厨房にやってきました。丁度聞きたいことがあったのでまかない婦は彼に声をかけました。

ま「ねえ、酒屋の階段踊り場に貯めてあったペットボトルのキャップ、あんた持っていった?」
社「知らんよ。」
ま「じゃあ誰が持っていったんだろう?小さな樽にほとんどいっぱい貯まってたのに・・・」

急に社長の顔が訳知り顔になりました。
社「ははぁん、盗っていったな。」
ま「何のために?」
社「寄付するためや。」

へっ?それっておかしくないか?寄付という善行と他人の家の階段に置いてあるものを黙って持っていくという行為が相容れない気がするんですけど・・・

しかし、このエコキャップ運動でまかない婦と言い争いになったり、社員ともめたりした社長には『寄付のために盗る』これって有るかもの風情でした

このエコキャップ運動の騒動は以前HPの柿市こぼれ話に載せたのでお暇な方は読んでみてください。

エコキャップは罪作り で検索していただくと出てくると思います。


これに限らずこの世にはおかしなことが多いものです。

まかない婦がインドを旅行していたころ、男の人同士が手をつないだり腰に手を回したりして歩いているのをよく見かけました。日本人にすればドン引きのこの行為、かの地ではごく普通です。決しておかしな仲ではないそうです

60過ぎくらいのおじいさん同士がつないだ手を振りながら歩く姿がまだ残像として残っています。今はもうそんなこと無いのでしょうか?

中国を旅行していた時には街中に寝癖頭の男の人が多いのに驚きました。数年前に行った時にはそんな人も見ず、立派な地下鉄が走り「日本人は英語がしゃべれないからな。」と英語で馬鹿にされ隔世の感を禁じ得ませんでした。

それにバスに乗り込むとき降りる人と乗る人が押し合いをし、バス停ごとにそれが延々と続けられるのを見て降りる人が降りてから乗り込めばどうだろうかといつも思いました。今は改善されたのかしら?

ネパールでは乗っていたバスに子ヤギの群れが乗り込んできて、ヤギの運賃はいくらなのだろうかと頭をひねりました。勿論ヤギ飼いが乗せてきたのです。

バスの隣の席に生きたままの鶏を抱いた人がいて、あばれる鶏が怖かったこともありましたコケッ!

バスの上にも沢山の人が乗っています。

IMG_0921_convert_20130918182700.jpg
古い写真が残っていました。バスの中と上とでは運賃が違うのでしょうか?

世の中よく分からないことが多いものです。

ペットボトルのキャップなどほんの小さなことですね

それではまた明日
スポンサーサイト



* Category : 日常生活
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する