FC2ブログ
07 << 2020/08 >> 09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2013-09-02 (Mon)
ただ今戻りました、まかない婦です。

3日間のお休みをもらい遊びに行った古巣の尾瀬弥四郎小屋から帰ってきました

台風が来ると言う噂でしたが天気は悪かったものの台風というほどの物でもありませんでした。ただ登山口の鳩待峠ではドン引きするような土砂降りで『尾瀬探訪』のどこぞの中学生の引率の先生方が半べそかいたような顔で対応に追われていました

そんな中、売店の軒先を借りて嬉々として登山準備をするまかない婦はダークな方々から浮いていました。靴下を登山靴用に替えたり、日焼け止めを塗ったりテープを貼ったり(こんな大雨でそれが必要なのかちょっと戸惑いましたが、念のため)、トレッキングポールを調整したりと歩き始める前にすることはたくさんあります。

そうしながらも軒先にも横殴りの雨風が噴きつけまかない婦を濡らしていきます。でもそんなには気になりませんどうせ汗でぬれるのだから雨でぬれても同じこと、ゴアテックスの雨具は常に仕事用に店に置いてあり、山歩きに持ってきたことはありません。雨に濡れるのもさほど嫌いではありません。

そして大雨の中、雨具も付けず傘も差さずにごく普通の時代遅れのウエアで出発したまかない婦を驚愕の目で見守る沢山の人の目を背中に感じながら鳩待峠のゲートを通過しました

この雨で一番きつかったのは鳩待ちから山ノ鼻までの下りでした。普段なら40分くらいで下りるところ1時間ほどもかかってしまったのです

木道が雨で滑るのは当たり前ですが、その手前の石組みの階段の方が厄介でした。木道は滑りやすい個所がある程度ですが、石はほぼ100%ズルズルでどの石に足をのせても滑ります。杖を突きヨチヨチと小刻みに歩みを進めるまかない婦でしたが大雨の中後ろから来る人の気配は皆無でした。

本当なら友人のすーちゃんと一緒に来ていたかもしれなかったこの道を1人で来ることが出来てラッキーでした。こんなみっともない歩きを見られれば恥ずかしくって居ても立っても居られないところです

それほど無様な歩きでしたが、踏み外して転んだり足を傷めたりするわけにはいきません。尾瀬にも山の掟があります。『自己責任』自分の不始末は自分で何とかしなければなりません。不始末をしないようにまかない婦は細心の注意を払ってヨチヨチ歩きをつづけました。

結局山ノ鼻までは反対方向からやってくる人たちにたくさん会いましたが、山ノ鼻から見晴地区の弥四郎小屋までの間出会った人はたった一人だけ。信じられないほど無人です。孤独な一人歩きでしたが山ノ鼻からはほぼ平坦な木道なのでもう滑る心配もせず普通に歩けたのは嬉しかったです。

弥四郎小屋に着くと今年の従業員の男の子が「お帰りなさい。」と、人懐っこい笑顔でまかない婦を迎えてくれました。自分には自宅以外にもそうやって迎えてくれる場所があることが嬉しくて心がふわりと緩みます。

2階の窓からは古い友人の山ちゃん一家4人が手を振って迎えてくれました。何年ぶりかしら?子ども達の成長に過ぎた月日を感じますが山ちゃん夫婦は昔と差ほども変わらぬ・・・ん?そうでもないか?旦那の曜さんは頭を丸め、昔よりかなりスリムになっています。

さて、この後の話はまた明日にでもするとして、せっかくなので今回撮ってきた風景写真と花の写真だけアップしておきます。他はまた後日と言うことで・・・

IMG_0826_convert_20130902182914.jpg
尾瀬ヶ原のど真ん中、牛首です。人っ子一人いませんがこんな絵は珍しいはずです。どんな雨降りのときもここではお約束のように休憩している人がいるポイントです。

IMG_0828_convert_20130902182944.jpg
既になにやら紅葉していました。景色もすっかり秋です。

IMG_0829_convert_20130902183022.jpg
木道脇ではススキが目立ちます。

IMG_0844_convert_20130902183146.jpg
まかない婦より背の高いススキが風に激しく揺れていました。耳元でビョービョーと風が鳴っていました。

IMG_0838_convert_20130902183113.jpg
ススキの後ろでは山にかかる雲も早く流れています。

IMG_0888_convert_20130902182809 - コピー
大きな地塘には羊草の葉がびっしりと浮いていますが羊の刻ではないので花はつぼみのままです。羊の刻に尾瀬ヶ原を歩いてきたすーちゃんは今までで一番沢山咲いていたと言っています。

IMG_0835_convert_20130902185423 - コピー
ちっちゃな白い花を寄って写してみました。どうやらウメバチ草のようです。

IMG_0837_convert_20130902185454.jpg
つぼみもちっちゃくて雪だるまのグーみたいです。

IMG_0840_convert_20130902185526.jpg
よく見かけるレースのような花です。

このほかトリカブトの花も目立っていましたがとにかく風が強くてどうしてもピントが合いませんでした。残念です

今日はここまでにしておきますね。ほんじゃ、また明日

スポンサーサイト



* Category : 山小屋
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する