FC2ブログ
11 << 2020/12 >> 01
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2013-08-20 (Tue)
こんにちは、まかない婦です。

昨日酒屋の閉店間際に若いお客様が入店されました。ニコニコといかにも親しげにまかない婦に笑いかけています。『あれっ、誰だったろう?』

実はまかない婦人の顔を覚えることがあまり得意ではありません。てか、あまり人に興味がないので顔や名前もなかなか憶えません

そう言えば以前にも一緒に飲みに行って「これから飲み友達!」と勝手に決めつけ、ド派手に盛り上がった(と妹が言っています。まかない婦の脳内には残っていない記憶です。)取引先の支社長さんが何か月ぶりかに来店されたとき、すっかり顔も忘れて昨日と同じ問いかけをしていました。『このお客さんはいつお相手をした方かしら?』

すでに何度も顔を合わせていた大切な取引先のお偉方だと言うのに、全く失礼極まりない話です

昨日のお客さんはまだとても若くて大学生くらいの女の子です。でもその方が立っている場所で思い出しました。『そうだ、1か月ほど前に焼酎を買っていった人だ!』そのお客さんはプレミア焼酎の前に立っていました。

当店のような弱小酒販店には人気のある焼酎は注文しても入ってきません 魔王、森伊蔵、百年の孤独・・・百年の孤独が入らないかと妹が問い合わせをしたときは「百年待ってろ。」と言われたそうです

でも、言うかなそんなこと?一応弱小といえども当店だってお客でしょ?・・・多少妹の脚色が入っているのかもしれませんね。

しかし今回何の間違いか人気の焼酎が入荷してきました。山猿、山猫、晴耕雨読、黒さそり、喜六などの銘柄です。そのうちの一本山猫を一月ほど前に買っていかれたお客さんです。

確か前回も楽しくおしゃべりして小一時間ほどいらっしゃいました。そうそう、今はっきり思い出しました。ちょうど一か月前の7月20日です。だってその時に加越酒造の奥田さんが集金にいらっしゃったのにまかない婦気が付かず空手で返してしまったのです

昨日も2人で話し込みいつしかしゃがみ込んでウイスキーの話に花が咲いていました。年は何十歳も離れているのでしょうが波長の合う方は居るものです。

いかん、いかん、またしても友達気取りかと妹に突っ込みを入れられそうです

とにかく前回の焼酎は美味しかったそうですが、自分は2杯しか飲んでいないのに残りお父様が飲んでしまわれたそうで、悔しがっていらっしゃいました。

今回は山猿を買おうとされましたが、それはもう1本あるので現品限りの方にするようにとお勧めしたら黒さそりを買っていかれました。

そして焼酎のついでに缶ワインも買われたのですが、缶ワインといってもこの銘柄は侮れない味です。しかし一緒に陳列してあった別の缶ワインは「美味しくないから買わないように。」と注意してぷったまげられてしまいました。

「普通言うかな、お店の人がそんなこと・・・?」お客さん、この店普通じゃないんですよ だから言っちゃうんです、しょっちゅう・・・

百年の孤独の入荷を百年待ってる柿市商店はお客様に正直な情報を常にゲロしちゃってるおバカ姉妹がやっています。皆様どうぞご来店ください
スポンサーサイト



* Category : 酒屋のお仕事
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

日本酒 * by 青太郎
○舟の支社長さんでしょうか?
東京から北陸の食材にと、一人でいらっしゃって頑張ってる・・違いましたかなv-12
お二人様のお酒好きが有名に(笑)
日本酒はいいですよね。。

Re: 日本酒 * by まかない婦
青太郎さん、石川県の日本酒は本当に旨いです。

もうすぐ秋の限定酒『ひやおろし』が一斉発売になるので楽しみです。

コメント:







管理者にだけ表示を許可する