FC2ブログ
個別記事の管理2013-08-06 (Tue)
こんにちは、まかない婦です。

昨夜まかない婦は母と言い争いをしました。なに、ほんの些細なことです。

実はいつも母と2人食事をしている部屋の換気扇が壊れています。もうずっと前から(多分半年以上前からです)修理してくれるよう業者の方に電話してくれと母に頼んでいるのですが、無視されています。

そんなの自分で電話しろって話ですが、当家は自宅であって会社でもあります。いろいろの不具合は依頼する業者が決まっていて、母はいつもその業者さんに電話をする係でもあります。

だから何度も電話してくれと頼んでいるのですが、面倒くさいのか一向TELしてくれません。

ですから冬のさなかでも焼き肉をするときは窓を全開にして寒さに震えながら肉を焼いています。窓を開けずに食堂側のドアを開けて肉を焼いたときは火災報知器が鳴り響いて大変な目にあいました

小さいながらも自社ビルです。どこに何があるのかイマイチしっかり把握していません。火災警報器をどうやって切ればよいのかさっぱりわからず、社長宅に電話してやっと止め方を教わりました。その間30分近く鳴りっぱなしです。

当たり前ですが火災報知器のベルは無視して肉を焼き続けられるほど甘いものではありません。それでもまかない婦は無視しようかな~なんて思ったのですが、母がご近所迷惑になるからとここは譲りませんでした。

そ・れ・な・の・にぶっ壊れた換気扇はもう長い間放置されています。

今は夏、窓を開ければ熱風が吹き込みます。かといって食堂側のドアを開ければ火災報知器が鳴り、閉め切って肉を焼けば自分が燻されて燻製になってしまいそうです。

さっきも「電話してくれないなら電話番号を教えてよ。」と、母に詰め寄ったのですが「分かりましたよっ!」と恨みの目でまかない婦を睨みつけ何処かへ行ってしまいました・・・

何なんでしょうねあの人。理解に苦しみます
 
元気で働いてくれているだけで文句を言うのは贅沢だとは分かってはいるのですが、顔を突き合わせていればついつい文句も出てしまいます。

とにかく換気扇直して欲しい~です。

よし、母がダメなら明日は社長にアタックだ

お~っと、母そっくりの性格の社長に話が通じるのか?グダグタの引き伸ばしの尻切れトンボ。また返事も貰えず置き去りの刑に処せられるのかまかない婦?前途多難、艱難辛苦の道を行くことになりそうな、嫌~な予感におびえる今日のまかない婦です。

だけど、何だって換気扇を直そうとしないのだろう?何が嫌なのかわたくしには一向に分かりませんが・・・
スポンサーサイト



* Category : 家族
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する