FC2ブログ
07 << 2020/08 >> 09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2013-07-11 (Thu)
こんにちは、まかない婦です。毎日暑いですねぇ。金沢もそれなりに暑い毎日ですがまだ梅雨明けしていない?ようです・・・

今日の話題は昨日母と行ってきた『伝統加賀友禅工芸展』の話にしましょうか。

このブログにも何度か登場していますが、まかない婦の叔父の1人が友禅作家です。今日改めてパンフレットを見ていたら『加賀友禅技術保存会副会長』という肩書になっていました。

この加賀友禅技術保存会は石川県の無形文化財に指定され、現在は10人の作家が認定されているそうです。叔父はその中の1人です。

叔父の息子であるまかない婦の従兄弟柿本結一も友禅作家で、今回の展覧会では銀賞を受賞しました。作品名は「夢衣」。華やかでありながら気品漂うまさに夢のごとく美しい衣です。

県立美術館で展示されていたので写真を撮るわけにはいかなかったのですが、展覧会の受賞作が写真付きで紹介されていたのでそこから画像をお借りします。

gin.jpg
これです。やっぱり実物と写真では全然違いますが、とりあえずのご紹介です。

やはり賞を受賞する作品はそれぞれに素晴らしく、銅賞の3作品も金賞受賞作も見事でしたし、それだけではなく心をひきつける何かがあるように感じました。他の受賞作を見てみたい方は『伝統加賀友禅工芸展』で検索してみてください。

展覧会には石川県の無形文化財である10人の友禅作家の作品も展示されています。こちらは是非会場まで足を運んでご覧になってください。7月14日まで県立美術館で開催されています。

ちなみに叔父の柿本市郎の作品は2点。叔父らしい緻密でゆるぎない作風の「秋明菊」とやや具象化された「水芭蕉」です。

金沢の美術館と言えば『21世紀美術館』が有名ですが、県立美術館の重厚なたたずまいと館内の静寂は美しきものを愛でるにあいふさわしいとまかない婦は思っています。

以前はここの会員だったのですが、旅人になったり山小屋従業員になったりしている間にいつしか美術館からも足が遠のいてしまいました。今回は叔父が招待券をくれたので行きましたけどもね・・・

美術館からの帰り道クラフトショップに立ち寄りまたしてもガラスの酒盃をゲットしました。今回は『西山芳浩』という作家さんのものです。なかなか良いですよ。

IMG_0691_convert_20130711184200.jpg
これです。この盃で万歳楽の白山氷室を飲みました。旨かったです。

今日は生きている岩魚を買って来て今厨房で串に刺して干してあります。久しぶりに串打ちしてグリラーで焼こうかな。赤イカの旨い刺身と太胡瓜と白貝の酢の物もスタンバっているのでやっぱり日本酒ですよね ホナ
スポンサーサイト



* Category : イベント
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by やまねこ
私も県立美術館の落ち着いた雰囲気が好きです。

ところで、まかない婦さんの従兄弟柿本結一さんのお名前が赤字で書かれています。
私が若い頃、「人様の名前は赤で書いてはいけない」と教わりました。
今は、あんまりそういうことは言わないのでしょうかねぇ。


Re: タイトルなし * by まかない婦
やまねこさん、アドバイスありがとうございます。早速緑色に替えておきます。

コメント:







管理者にだけ表示を許可する