FC2ブログ
個別記事の管理2013-07-08 (Mon)
こんにちは、まかない婦です。今日金沢は強烈に暑く、空には雲もありません。ひょっとして梅雨明けか?土砂降りには少々うんざりしていたところなので夏に突入したのならそれはそれで歓迎します。

さて、今日は昨日の続き。白山市の望岳苑でのお食事レポートです。

まず着いて早々ウェルカムドリンクが振舞われました。

IMG_0667_convert_20130707120123.jpg
地元のぶどうのジュースだそうです。まかない婦の妹はてっきりワインだと思ったのがジュースだったので愕然としていました。ヤマタノオロチには酒以外の飲み物が理解できないようです

夕食は午後7時から始まりました。天狗舞のあげ潮をグラスに注いで乾杯です

ここ白山市では宴席の最初の乾杯は日本酒ですることが条例で定められています。まかない婦やその妹はもともと最初っから日本酒なので痛くもかゆくもない決まり事です。

IMG_0671_convert_20130707120343.jpg
さて、前菜です。望岳苑では地元白山市の素材を使うことになっているので、地方色豊かな献立になっています。卯の花、アマゴの甘露煮、カタハ、ウド、胡麻豆腐です。料理長の手作りなのはわかりますが前菜にしてはこの甘露煮大きくないかい?勿論おいしかったので頭から尻尾まで100%食っちまいましたけどね

IMG_0672_convert_20130707120408.jpg
次は白山堅豆腐の食べ比べです。3店の豆腐、違いが分かるように醤油も付けず食べてみました。確かに違いますが1番と3番は似ているので言われなければ分からないかも?

IMG_0673_convert_20130707120936.jpg
鮎の背ごしとイワナの刺身です。鮎がすごく旨かったです。刺身を取った後のイワナの骨の天ぷらも全部いただきました。思いのほか大きくてボリュームがあります。それとこの大葉でっかくない?

IMG_0675_convert_20130707121018.jpg
イノシシ肉の入った茶碗蒸しです。肉はもちろんのこと椎茸の存在感がありました。獅子肉に何の違和感も感じず美味しく食べられたのは意外でした。

IMG_0676_convert_20130707121109 - コピー
イワナの塩焼きです。まかない婦たちがチェックインした時金沢支社長さんが炭火で焼いていました。まかない婦にとってイワナはなじみ深い魚です。働いていた山小屋へ行くための登山口に弥四郎小屋のOGがいていつもイワナを焼いていました。入山するときと下山してきた後よく食べたものです。

亡くなった父もイワナが大好きだったので肝硬変の父のため塩を打たない塩焼きを焼いてもらっていました。あっ、余談でしたね

このイワナすごく旨かったです。日本酒との相性は素晴らしいですよね まかない婦も近所の川魚を扱っているお店で時々生きた岩魚を買って来て塩焼きで食べていますがマジに旨いです。しかもなぜか鮎より安いのです。需要と供給でしょうか?余談パート2ですね

IMG_0678_convert_20130707121310.jpg
椀物のジャガイモ真丈です。もう、かなりお腹が一杯で食べるのが辛くなってきています

IMG_0677_convert_20130707121240.jpg
イノシシ肉の陶板焼きです。これ旨かったですよ でも、同席していたなかやすさんの社長の親父ギャグに翻弄され、肉をのせるタイミングがはずれ生焼けになったまま火が消えたので3人揃って新しい火を貰いました。お忙しいのにどうもすみません

IMG_0679_convert_20130707121337.jpg
ここで天ぷらが出てきました。まかない婦太っている割に揚げ物が苦手です。 それにさっき岩魚の骨の天ぷらも食っちゃってます。ここでどうしても完食できなくなりました。椎茸と金時草はいただきました。椎茸旨かったです。

IMG_0680_convert_20130707121407.jpg
蕎麦の実ごはんとなめこ汁です。ここまできてまかない婦まだ食べています。同席している妹が呆れています。いつもは酒席でこんなにゃぁ食べないまかない婦。今日はかなり調子が良いようです。でもなんだか北京ダックかイカ飯になったような気がします。

IMG_0681_convert_20130707121442.jpg
お腹が破裂しそうになっているところへぜんざいが出てきました。料理長さんは私達をどれほど大食漢だと想定されているのでしょうか?旨いけど・・くっ、苦しいです

この後まだ小さなチーズケーキが出て、コーヒーも出ました。食べ続けた時間は二時間半。フランス料理のフルコースを超える勢いです。食べた人たちもサーブした方々もお疲れ様でした。

さて、この後部屋に帰りましたがあまりにもお腹が一杯で苦しくて眠れませんでした。妹ではありませんが食べたものの霊が枕元にたち「何でそんなに食ったのか?」と長時間にわたりまかない婦を責め立てました。お陰で翌日の朝食も完食できませんでした。料理長さんごめんなさい

IMG_0683_convert_20130707121507.jpg
これが翌日の朝食です。サラダと味噌汁が凄く美味しかったです。味噌汁の中に入っていた豆腐普通のお豆腐ですか?旨かったなぁ

食後にトチ餅が出てきました。大好きだけど食べられません。懐紙に包んで持ち帰りました。

大盤振る舞いの食事と物音一つ聞こえない静かな宿の贅沢な空間を満喫し、社長さんに見送られて金沢へ帰りました。その後一日半の時が経っていますが、いまだに満腹のままでちっともおなかか減りません。これはきっと3kgばかり体重が増えていることでしよう。おとろっしゃ、おとろっしゃ・・・

P.S.人手が無いためか社長さん自らお運びや皿洗いをされていました。ご苦労様でございます 支社長改め支配人さんも痩せたからだがまた一層細くなったような・・・お疲れ様です。料理長さんとはもう少しお話したかったけど気の毒なほど忙しそうでしたね。また今度美味しいものでも差し入れします。

ヘルプに入っていた女性がとても明るくて感じが良かったです。あんな人が働いてくれるといいですよね。

さてさて、何をさておき無事オープンおめでとうございます。お疲れ様でした。山家の食事、珍しいもの満載でしかも美味しかったです。でも女性には量が多かったかな?

静かな宿で読書三昧もいいものですね。まかない婦的にはドンピシャのお宿でした。天気がもう少し良ければありがたかったかな?あっ、それは雨女のせいか?強力だからなぁ、この雨女
スポンサーサイト



* Category : 外食
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する