FC2ブログ
07 << 2020/08 >> 09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2013-07-03 (Wed)
こんにちは、まかない婦です。

まかない婦とその妹今かなり疲れています。酒屋のお得意様が今日東京駅に新店舗をオープンされ、3日後には白山市に宿泊施設を開業されます。その準備とお中元でヘロヘロになっています。

考えてみれば小さい商いながらもこのお中元シーズンは忙しいのです。その上お得意先様のオープンが重なり、ほとんど妹1人でやっている酒屋はパニック状態です

まかない婦がもっと手伝ってあげれればよいのですが、まかないの仕事のほかにもいろいろやらなければならないこともあり、こちらははるか昔からテンパリ状態続行中です。

こんな時にお互い肩や首がおかしなことになってきます。首の骨に生理的湾曲が無いとかで筋肉痛になりやすいのです。これではまた近々首を手で支えなければ起き上がれないという情けないことになりかねません。

妹は呪文のように「頭が痛い、首が張る、背中が痛い。」とこぼしています。彼女かなり若く見えるみたいですけど相当の御歳です。まかない婦と2人老骨に鞭打って働いているのです。

そんな働き者の呑兵衛がまがりなりにも働き続けられているのは心をいやしてくれるものがあるからです。

IMG_3484_convert_20130703114713.jpg
昨日のまかない婦にエネルギーをくれたのはこの地物のジュンサイです。能登の沼で取れるこのジュンサイ、ゼラチン質がすごく分厚くてプルプルです。水のように映っているのは全てジュンサイのぬめりの部分です。

大きさも破格ですが入荷量が少なく、次に手に入れられるのがいつなのかの予測もつきません。昨日は500g入れの袋が3袋だけしかありませんでした。

そのうち1つを自宅用に買い、もう一袋を親戚の叔父のために買いました。弟である社長も欲しかったみたいで「今日1日ディスプレイして売れ残ったら自分が買う。」と言っていましたが結局売れてしまったらしいです。

ジュンサイ争奪戦はかなり厳しい戦いです。

そして今は大好きな本がまかない婦の枕元に積みあがっています。読んだ本と読んでない本2つの山の高さは高いです。読みたい本がそばにあり、うまいおかずがあるばかりでなく極上の酒と美しい器が仕事終わりのまかない婦を待っていてくれます。

それだけでも本当に幸せです

妹の方は娘がテスト中だとかでお勉強に付き合って飲んだくれて起きているようで疲れマックスになっているご様子です。まさにズタボロです。

でも、まかない婦が彼女の娘なら飲んだくれの母が無理して起きていても別にどうという事も無いような気がします。

その無理しなければならんのか?母とは左様に厳しき職業か?嫁にも行かず屁もひらず(否、屁はときどき・・・)のこの身には所詮理解不能の妹の頑張りです
スポンサーサイト



* Category : 酒屋のお仕事
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する