FC2ブログ
07 << 2020/08 >> 09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2013-06-15 (Sat)
こんにちは、まかない婦です。金沢久しぶりにジクッとした湿気の多い雨降りの一日です

さて、今月初めから当社酒部の向かい側に立つ黒いお店がオープンしました

ここは以前に『エベレスト』という居酒屋さんだったのですが、その前も、前の店も流行らずに撤退していったお店です。一月ほど前ベットを運び込んでいるのを見てまかない婦の妹が「介護施設になるのでは?」と言い出し、「黒塗りの介護施設はあり得んだろう。」とまかない婦を呆れさせました

実はここに近所の老舗郷土玩具屋さんが越してきました。柿市商店と同じころ建てられた立派な建物は手放したようです。

そしてその建物を買ったのがこれまた近所の有名店です。この2件職種は違いますが老舗有名店同士、何かと張り合ってきた店同士です。

手放した店の方はどんなにか悔しい思いをしていることでしょう。有名店なのでずっと経営は順調だと思っていたのですが考えてみれば大きな姫だるまや加賀人形を買う人は少なくなっているのかもしれません。当家としても他人事ではなく、隣人として心を痛めています。

でも、是非ともここで頑張ってもらいたいものです。商売は長い目で見れば良いときもあり悪い時もあるものです。老舗と言われるほどの長きにわたる商売ならそのことは充分に理解しているでしょうし、代々積み上げてきた信用やつながりも少々のことで失われるものではないと思います。

それにしても手放す店もあり、手に入れる店もある。商売の道とは険しいものです。諸行無常、物に決まった形などなく時の流れとともに幾度もその有りようを変えるものでなのですね

1つだけ嬉しいことがあります。この小さな黒いお店結構流行っています。何十人もの人が入って行っているのを何度か見ました。良かったです

あれなら当酒部より儲かっていることでしょう。てか、うちの店のがダメ過ぎんのか?そうかもしれないなぁ・・・でも酒屋の免許を取った祖父が死んでからもう40年は経っているはず。うちのおかしな酒屋も多分50年は営業しているはずです・・・たぶんね・・・?

その割ノウハウも絆も持っていないのが少々気になりますが、まかない婦と妹でこれから次の世代まで商売をつなぎはたを織るように世界を広げていかなければと思っています。

出来うれば織られたその布が美しいものになるように頑張ろうと思うまかない婦であります。
スポンサーサイト



* Category : 出来事
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する