FC2ブログ
07 << 2020/08 >> 09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2013-05-31 (Fri)
こんにちは、まかない婦です。今日金沢は快晴です

今日から百万石まつりが始まります。うちの酒屋の前を行列が通らなくなってから数年経ちますが、今ではすっかり興味もダダ下がりしています。

それでも天気が良くって良かったなぁとは思いますね。雨の中行列したりするのは大変ですもの。

今日はお祭りの話にしましょうか?

百万石祭りではなく、春と秋に近所の神社のお祭りがあります。まかない婦が子供の頃お祭りの前に各家々に飾る『しめ縄』は町内の子供達が作って町内中に飾っていました。紙で出来たぺらぺらした飾りと藁を縄を緩めて挟み込んでいきます。

小学校6年間このしめ縄作りをするので、当町会のしめ飾りは上出来でした。紙のぺらぺらをひねり、上部をこよりのように細く整え、縄に挟み込みます、紙紙藁の順に挟んで藁の長さもそろえます。今でも時々見かけるしめ縄がなっとらん出来なのを見て引きずり落として手直ししたくなることがあります

このしめ縄を各家に飾り、お駄賃としてお金を徴収してくるのです。この生業は小学生だけでやっていたので高学年の子供達がボスになって徴収する金額を決めたり、集めたその金の分配も決めるのです。

まかない婦の住んでいるこの辺りは商売をしている家が多いので小学生と言えども侮れません。
「オイ、あそこの床屋は金払いが悪いぞ。柿市、お前の父ちゃんあこで頭やってるから、お前床屋から金貰って来い。お前になら嫌やとは言えんはずや。」と、こうです。

しめ縄の張り賃も一軒ずつ違います。まずその家や店の大きさ(縄が長くなれば張り賃も上がります)商売の繁盛具合、金持ちか否か、更に金を払う人のケチ度などを小学生たちが判断して金額が決められるのです。怖いわ~ブルブル

せしめた駄賃の分け前が多いのはもちろん高学年のボス達ですが、そのボスに年下の兄弟がいたりするとそこへの分配も厚くなります。

まかない婦は兄妹の中では一番年上なので何のバックボーンも無く、小銭をあてがわれて使いっ走りばかりやらされていました。そこをずっと耐えて高学年まで頑張れば分け前はガッポガッポと入る仕組みなのですが、あまりに理不尽な駄賃の分配に腹が立って途中から参加しなくなりました。

大人顔負けでしょう?

いったいいつから続けられていたのか知りませんが、かなりのボッタクリでしたよ。中学生になるとこの生業から引退しなくてはならなかったので、本当に子どもだけのボッタクリビジネスでした。

やっぱ、商売人の多い街だったからでしょうか?

今では街中から子供達の姿も消え、しめ縄も見かけなくなりました。ただ百万石まつりの間だけは紅白の幕や提灯が飾られます。

そういえば今年は何も飾ってないけど・・・良いんかなぁ・・・?
スポンサーサイト



* Category : 昔話
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する