FC2ブログ
07 << 2020/08 >> 09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2013-05-14 (Tue)
こんにちは、まかない婦です。

昨日まかない婦が仕事を終えて自宅部分に戻ったのは8時20分。いつもより1時間も遅れました

理由は簡単。お客様のお相手をしていたからです。

そもそも当店の閉店時間は午後7時それから店じまいをし、レジの清算などを済ませますので更に20分ばかりかかります。

昨日気が付いたら7時を少し過ぎていたのですが、来店されたお客様がいらっしゃったので店を閉めることが出来ませんでした。お客様は当店の冷蔵庫の前で品物選びに迷っていらっしゃるようでした。

「お勧めのお酒はどれですか?」今晩飲むお酒なのか、お土産に買われる酒なのかそれによってお勧めする品物も変わってきますが、声をかけられたのでお客様のそばに立ち、お勧めの酒を何本かご紹介しました。

「ああ~、迷うなぁ、全部美味しそうだ・・・送料が安かったら宅急便で送ろうかなぁ・・・」幸い当店の送料はかなり安く設定されています。これも長年の地道な交渉の結果です。

「ところで、このお店営業時間は何時までですか?」
「お客様、実はもう過ぎています・・・」普通だったらここでお客様は焦り始めるので、なだめる言葉をかけるところなのですが、このお客様反応が違います。
「ああ、過ぎてるんだ・・・どうしようかなぁ・・・今日買おうか、明後日帰るときに買いに来るか・・・どうしょうかなぁ・・・」品物どころか買い物する日さえ決めかねていらっしゃるお客様、これは長丁場になりそうな嫌な予感がしました。

時間がかかっても買ってくださればまだよいのですが、以前に閉店しようとしたところに入っていらっしゃった10人くらいのグループ全員にトイレを貸し、試飲されまくった挙句ジュース一本も買わず引き上げられた苦い思い出があるので、心の中で『買わないならせめて早く帰ってください。』と祈ってしまうまかない婦です

そんなまかない婦の心を知ってか知らずかお客様は一向に慌てる様子も無く物色を続けていらっしゃいました。

そのうちお客様の携帯電話が鳴り
「あっ、奥さんだ。」と小さくつぶやくと少し顔を緩めて通話が始まりました。

「えっ、今ぁ一人旅を満喫してますよ。ここは酒屋さん・・・」横で聞いているのも気まずいので一旦レジ奥に引っ込むまかない婦。奥様とのラブコールはいつ終わるのかもわからず、仕方なく一旦終わらせた仕事を再開しました。

ラブラブコールは数分でしたが待つ身は辛い。ようやく電話が終わるとまたしても品物選びに迷われるお客様・・・

『お客様、今日飲まれる分だけ決めて、送る分は明後日でも良いのでは・・・』喉まで出かかった言葉を飲み込み、飲み下しました。不確実な明後日の来店より今決めていただいたほうが良いに決まっています。

その後結局10本の酒を選ばれ、お買い上げくださったのですが閉店時間は大きく遅れました。お客様が店を出て行かれたのは7時40分過ぎです・・・

それから宅急便で送る品物をひとまとめにし、閉店の準備を始めました。

お客様お買い上げ本当にありがとうございます失礼を省みず言わせていただいてもよろしいでしょうか?ラブコールは店員のいないところでされたほうがよろしいのではないかと思うしだいでございます・・・

てか、後にして!お願い
スポンサーサイト



* Category : 酒屋のお仕事
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する