FC2ブログ
07 << 2020/08 >> 09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2013-04-11 (Thu)
こんにちは、まかない婦です。金沢は今日もむちゃくちゃな天気です。雨が降ったかと思えば突然晴れ。今度は霰が降ったり雷が鳴ったり・・・と思えば日がさすという支離滅裂さはさすが金沢。それにしても今日もまた霰ですよあ・ら・れ、そんなんありか?

まかない婦の義妹が
「今日あなたが外出するからだな。」と1人で納得しています。ハイハイ、どうせ私は雨女ですよ

昨日もひどい天気でしたがまかない婦は整体の予約を入れてあったので出かけていきました雨女だから降ったのか? このバスがおっそろしく混んでいて、財布を取りだしお金を出そうとしても手が動かせないほどの混みようです。

途中のバス停で「申し訳ありませんが次のバスにお乗りください。」と数人置き去りにされていましたが、こんなこと金沢で見たのは初めてです。東京では堀之内から中野坂上までのバスに何度も置き去りにされましたけどね

さて、整体院で施術を受けていると
「お願いします。お願いします。」と飛び込みの人が入ってきました。どうやらぎっくり腰のようです。

「バスの中で咳をしたらそれっきり痛くて歩けなくなったのでタクシーで来ました。」とその方は訴えていました。カーテンで仕切られているので姿は見えませんが、着替えどころか横になることも大変そうで、まかない婦自分のことよりそちらが気になって仕方ありません。可哀そうなおじいさん、大丈夫かしら?

たっぷり30分以上施術を受けてどうやら歩くことはできるようになったみたいですが、
「今日はお金がないので次回まとめて払います。」と言っております。整体院の院長さんは
「今日の分は良いですよ。」と大様なところを見せています。

ぎっくり腰って大変なんだなぁと同情してしまいました。そういえばまかない婦の弟もぎっくり腰になった時に小柄な社員の肩に両手をかけ歩いていました。
「何?電車ごっこ?」と尋ねると涙目で睨みながらヨチヨチ歩きを続けていました。どう見ても運転手は君だ、車掌は僕だにしか見えなかったけどなぁ・・・?

とにかく施術を受け終わったその方はお金もなく、まともにも歩けないので家族に電話をかけて迎えに来てもらおうとしているのですが、温かい返事がもらえないようで待合室で哀しい電話をかけ続けています。

まかない婦も施術が終わり、着替えて帰るときその可哀そうなおじいさんの姿が目に入りました。

・・・おっ、おじいさんじゃない・・・まかない婦より少しだけ年上には見えましたが、家族に電話をかけすげなくされているその人は哀しいおっさんでした・・・

家族から打ち捨てられたその姿はぎっくり腰よりさらに痛いです。ああ無情、日本の親父の悲哀が待合室の中に溢れ出していました。

南無釈迦牟尼仏、南無釈迦牟尼仏、どうか成仏してください ぎっくり腰以上に痛い姿を見なかった風に装いながら整体院を後にしたまかない婦でありました。
スポンサーサイト



* Category : 日常生活
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する