FC2ブログ
07 << 2020/08 >> 09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2013-02-12 (Tue)
こんにちは、まかない婦です。

昨日近くのデパートでバレンタイン用のチョコレートを買ってきました。真っ先に買ったのは自分のためのチョコレート甘辛両党のまかない婦はチョコも結構好きです。

美味しくないもので太るのは実に遺憾でありますが、この時期の極上チョコレートのためなら少しくらい太っても良しかとまで思っています。

そして、ここ数年まかない婦がロックオンしているチョコは『サンニコラ』のボンボンショコラです。

IMG_0347_convert_20130212163645.jpg
今回購入したのはこれどれもこの店の看板娘ぞろいです。聞きたくもないでしょうが、チョコの説明をさせてください。

右上の白いチョコはトリュフ・シャンパン。モエ・シャンドンが使われています。
その左隣英文字がプリントされたチョコはサンニコラの店名が冠されたビターガナッシュ。能登の天然塩が使われています。
その隣の真っ赤なハートはフランボワーズ。言わずもがなですね。
そのお隣2本線のチョコはアールグレイだと思います。
その隣のまだら模様はインテンス。苦みの利いたビターガナッシュです。
一番左端のウサギは蜂蜜とバニラのミルクガナッシュです。
ウサギの下はトンカという桜餅の香りのする豆が使われています。コーヒー豆かな?
その右隣の菊花蕪みたいのはシャンパン・ミラベル。シャンパンとミラベルという西洋スモモのお酒が使われています。
その右はキャラメル・マングー。アルフォンソマンゴーのキャラメルガナッシュです。
その右はカガ。加賀棒茶のガナッシュと金箔が金沢らしさを表しています。
その隣のスノーマンはまかない婦の一番のお気に入りピスタチオのホワイトガナッシュです。
最後がトリュフ・ココ。ポワール・ウイリアムという洋ナシのブランデーが使われているようです。

チョコの説明以上でした本当はもっといろいろ種類があるのですが、バレンタイン用にはこれが一番種類入ってたかな。勿論お店へ行けば好きなボンボンショコラを詰め合わせてくれます。

まかない婦がなぜこのお店のチョコに固執するかというと、もともとゴティバのチョコをmyチョコに買っていたのですが、あるときゴティバが完全に売り切れていたのです。がっかりしたけど何か中継ぎに買おうと思い、すぐそばで売っていたサンニコラのチョコを買いました。

あのウサギやスノーマンを見てテンション下がったまかない婦でしたが、食べてみると驚くほどおいしくてそれぞれ個性的です。見かけはあまり洗練されているとは思えなかったのですが、その味に脱帽です

それ以来myチョコはサンニコラに変わりました。時々ゴティバに浮気するけど基本はサンニコラです馬鹿にしていたウサギが妙に旨いので笑ってしまいます。

今では妹がまかない婦にくれるお歳暮はサンニコラのボンボンショコラになりました。太っちゃうのでこまるなと思いながらも一日一個ずつ食べてしまいます。それ以上は絶対食べないことと決めていますが、いつも微妙に太りモードになっている、盆暮れのまかない婦であります

みなさんも騙されたと思ってウサギ食べてみない?きっと気に入ると思うよ。

IMG_0346_convert_20130212163810.jpg
特に意味はないのですが、写真に撮ったので載せておきます。チョコレート売り場の入り口のチョコの像です。誰が食べるんかな?太るぞニャー



スポンサーサイト



* Category : お気に入り
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する