FC2ブログ
07 << 2020/08 >> 09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2013-02-11 (Mon)
こんにちは、まかない婦です。

今日祭日なのですが、まかない婦仕事をほっばらかしてちょっくら近江町市場まで行ってみました。従妹から鱈を送ってほしいと言われ、気軽に引き受け出かけたのです。

まかない婦の予想では、連休でもありフードピアの開催中でもあるのできっと魚屋さんはほとんど営業しているだろうと思っていました。しかも鱈は今が旬。魚体の大きな魚は鮮度が落ちるのも遅いので何とかなるとたかをくくっていました。

確かに魚屋さんは営業していました。でもどこの魚屋さんもいつも見かける立派な鱈や白子を売っていません。見かけるのはやけに貧相なちびっこ鱈やぶつ切りにされたものばかりです。

顔見知りの人も一緒に探してくれましたが「ダメダメあんな650円の鱈なんて煮てもおいしくないよ。」と忠告されました。わかっています。あれ、いかにもダメそうです

しかし、ここで引き下がっては子供の使いと一緒です。こんな時こそいつもまかない婦に物を売りつける魚屋さんたちを利用せねばです。魚を買ってくれと頼むけど、その品物がいつも新鮮で安くしてくれるお兄さんを見つけ聞いてみました。「親戚に送る良い鱈を探しているんだけど・・・」

魚屋さんはいつも鱈を売っている人を呼んで聞いてくれました。お返事はこうです。「今ある鱈はすでに2日前のもの、これを送るとなると3日たったものになります。お勧めできません。」・・・そうですよね、まかない婦思い出しましたが鱈は品質の劣化が早い魚でした。いつも新鮮なものがそばにあるのでそのことすっかり忘れていましたよ

それでもあきらめきれずに、今度は近くのデパートまで行ってみました。そこの魚屋さんは富山の氷見港から魚を仕入れています。殿様商売の金沢と違って勤勉な富山人なら漁に出ているかもしれません。

しかぁし、ここでも答えはNOでした。きっぱりと「良い鱈はありません。」と宣言されもともとチョロイまかない婦少しひるんでしまいましたが、はっきり言ってくれて良かったと思います。

こちらは買う気でいるのだから、ちょっとぐったりした鱈でも売りつけようと思えば売れたわけですから、どこの魚屋さんもその意味では誠実です。

しょうがないですよね。従妹にはあきらめてもらって、また次の機会に鱈でも蟹でも送りますよ。そういえば生きたやりイカ売っていて、それちょっと欲しくなりました。今からもう一度行って買ってこようかしら・・・

でもその前にバレンタインのチョコレートを買ってこねば。まかない婦いつもお世話になっている人に数年前からチョコを送ることにしています。「いつもありがとうチョコ」ってわけです。そんなチョコでも男の人たちは欲しいみたいですものね。

それとは別に14日は食事を食べにくる全員にあげる予定でハートチョコがすでに用意されています。こちらは男女にかかわらずお渡しすることになっています。

チョコレート屋さんの陰謀のような気がしなくもないですが、愛語は回天の力を持っているそうですから好意を表すのは悪いことではないと思います。愛語が回って世の中がもっと良くなれば良いですよね。

それでは、チョコとできれば生きたイカもゲットしにこれから出かけてまいります

スポンサーサイト



* Category : 日常生活
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する