FC2ブログ
07 << 2020/08 >> 09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2013-02-01 (Fri)
こんにちは、まかない婦です。昨日の従業員から言われた「ずっと我慢していた。」の言葉に囚われて、ずっと沈みっぱなしです

こんなときは何も書くことができません。ですから昔の失敗談を持ってくることにしました。本当に大昔の話です。まかない婦まだ中学生か高校生だったと思います。

まだ自社ビルの建つ前、当社は今の酒屋の店舗で青果物業をしていました。大通側に青果物の店舗があり、小さな事務所がありました。真ん中近くにトイレとコンクリート打ちっぱなしの小さな部屋が有って、小さな台所もありました。

まかない婦の祖母がこの小さな台所でまかないを作っていましたね。懐かしいです

台所の隣の部屋では社員が朝食を食べたり、ちょっとした作業に使ったり、コーヒー飲んだりしていました

その日、今は亡き父と一緒にその部屋にいたまかない婦、折りたたみ椅子に座りながらその椅子をロッキングチェアのようにゆすっていました。「ギッタンバッコン、ギッタンバッコン・・・」

シーソーのことギッタンバッコンって言いますよね?行ったり来たりの揺れ運動がなんとなくシーソーを思わせたのか、まかない婦は小さくつぶやきながらくつろいでいました。

多分仕事をしていた父が「そんなことやっていると、今にひっくり返るぞ!」と睨みつけながら脅します やさしい言葉も表情もない典型的な頑固おやじでした。

しかし、まかない婦とて素直とはかけ離れたねじくれ曲がった性格です。おとなしく言いつけを守る玉ではありません。さらに大きく椅子をゆすってギッタンバッコンの掛け声も大きくしてやりました。

バタン当然起こるべきことが起こり、まかない婦は椅子ごとひっくり返りましたその時、起こるはずのないことも同時に起こっていたのです。

まかない婦折りたたみ椅子と一緒に折りたたまってしまったのです。お尻丸出しで椅子に挟まったまま脱出不能、緊急事態です。ピーポーピーポー

すぐそばにいた父はそれ見たことかとまかない婦をどやしつけ、その後助けようとは思ったみたいですが、まかない婦のあまりと言えばあまりな格好に笑い炸裂腹がよじれて動けなくなっています可笑しすぎて腹が痛くて動けんぞ

今思い出してもひどい恰好。笑われるのも仕方ありません。

みなさんもギッタンバッコンには気を付けましょう。それと、親の言うことは聞いておいた方が良い場合が多いようです

それじゃ今日はこれで、バイ
スポンサーサイト



* Category : 昔話
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

我慢させておけ!! * by N子
まかない婦さんはまったく落ち度なしです。気落ちする必要有りません!!そんな奴は我慢させとけ!と思うのですが、前向きに対処するのでしょうね。でもやっぱり人の心がわからない人はいるものですよ。
ところでやっぱり坊主率高いのですね。私のフェイスブックの友達も、なぜか坊主とタオル率が高くて笑ってしまいます。

* by まかない婦
あまりな話だと思いませんか。鶏肉嫌い卵嫌い、野菜も豆もコーンも嫌いでいつも代替え品を作っていた挙句の「今までずっと我慢していた。2日前のおかずも嫌だった。」です。

ホントのところ顔も見たくないです。v-39

コメント:







管理者にだけ表示を許可する