FC2ブログ
07 << 2020/08 >> 09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2020-06-07 (Sun)
こんにちは、まかない婦です。

当社従業員食堂では大体前日に献立を薄っすら考えます。手持ちの在庫の中で何か早急に使ってしまわなければならないものはないか?やばいものがなかったとして、最近あまりやってない料理は何か?副菜に使ってしまいたい食材からまず副菜を考え、それとマッチングする主菜を考えたりします。

でも予定は予定、未定であって決定ではありません。

なぜなら朝出勤したらやばい食材がドカッと差し出されていることが往々にしてあるからです。

先日もありました。

IMG_8514_convert_20200607085549.jpg
皮をむいたじゃが芋が10kg以上です。

この食材はたびたび渡されますがこれほど大量に上がってくることはあまりありません。これは皮をむいて半分に割ったじゃがいもを納品しなければならない取引先があるからです。

皮をむくのは当然調理の手間を省くためですが、半分に割るのはいわゆるアンコがないか確かめるためです。アンコとは真ん中の部分が褐変しているものを言い、大ぶりのジャガイモに割とある不良品ですが割ってみないことにはわからない場合が多いのです。

ただこの状態だと品物は劣化しやすいのです。へたをすると周りがどろけてきます。

このじゃが芋担当部署の社員に確かめてみると2日前の品物なのでもう納品できないのだそうです。

当社のお昼ご飯のおかずが高野豆腐の卵とじからじゃが芋の卵とじに突然変更になりました。まあ対処するのがまかない婦のみなので変更も割とスムーズです。

その後このじゃが芋の周りをもう一度ピーラーでむくという厄介な作業はありましたが何とかなりました。1回では使いきれなかったので翌日の味噌汁の具材にしたり味付けが濃すぎた前日の肉じゃがにじゃが芋プラスしたりしてしのぎました。

少し残った分は簡易的なポテトサラダにしようと思っています。

こんな風に突然メニューが変わることが度々あります。

もっともヤバい食材はもやしですね。これは待ったなしで、渡された時点でアウトということも多々あります。

それから厄介なのは割れた卵です。パック詰めのものならまだしも10kg入りの箱ごと落として箱から卵液が垂れているようなものは見ただけでこちらの涙も垂れそうになります。

まかない婦の毎日は結構きついです。😢
スポンサーサイト



* Category : 柿市従業員食堂
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する