FC2ブログ
07 << 2020/08 >> 09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2019-07-21 (Sun)
こんにちは、まかない婦です。

昨日酒屋の店番をしていると来店された3人組のグループの女子が
「ハイボール1本で売ってもらえますか?」と聞いてきました。

もちろんと答えて二種類のハイボールを紹介すると
「いえ、あの北陸限定のスモーキーなハイボールなんですけど」とのご返事です。

うーん、知らなかったけどいつの間にか新商品が入荷してディスプレーされていたようです。そういえば冷蔵庫の中に見慣れない黒い箱が入っています。

しかしどうやらこれは3本組で売り出されている品のようなので申し訳ないけどばら売りはできないと答えると、それでもほしかったのか一箱買ってくださいました。そしておずおずと今ここで飲んでも良いかと聞いてきます。

プラコップを差し出すとその女子は嬉しそうにプルタブを開け2つのコップに次ぎ入れました。1人はハンドルキーパーなので不可なのだそうです。先ほどから見ていてもなんだか清々しい人です。

喜んで盃を上げたその人は本来ならば白州のハイボールが良いのだと言い始めました。

オイオイ、ここに同行の志がいるよ。

そして2人で白州の清々しさが良いとか淡い色合いが好きだとかの話で一時盛り上がりました。

そのついでにまかない婦の『鰻とシャルドネ』が『豚肉の味噌漬けとピノノアール』になった話しで笑いを取った後互いにお礼を言ってその方たちは退店していかれました。

白州ハイボールのようなお客様だったとふと思ったまかない婦でした。
スポンサーサイト



* Category : 酒屋のお仕事
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する