FC2ブログ
07 << 2020/08 >> 09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2019-07-17 (Wed)
こんにちは、まかない婦です。

立て続けもどうかと思うのですが、画像処理ができたので叔父の法事のお料理を紹介します。

未だに叔父がもういないということに納得できていません。だってお見舞いに行った時あんなに力強く手を握ってくれたのです。病院の玄関まで見送ると言って歩いてエレベーターの前まで送ってきてくれて、無理はだめだからと残念そうにエレベーターの前で手を振っていたのにその人がもうどこにもいないのです。

無というものの残酷さを父を亡くしたときに思い知りましたが今回も又ですね。叔父の家族は今なおその理不尽に打ちひしがれていると思います。

葬儀や法事はやらなければならないことでそれを執り行うことの忙しさが少しだけ哀しみから心をそらしてくれるように思います。

さて、そのご法事ですが親戚だけで本当に叔父を思ってくれている人だけの催しというのが心を慰めます。当然ですが同じ曹洞宗なのでお経も耳なじみのあるものでした。この日叔父は浄土に行ってしまったのだそうです。

まかない婦らしく料理の紹介に移ります。法事の会食は法要の執り行われた会館の一室でした。そしてなんとオープンキッチンだったのです。

つまり会食する部屋の中の扉を引き開けるとそこにキッチンが現れ料理人さんがお辞儀をしてむかえてくださいました。どうも揚げ油の匂いがするなと思っていたのですが、さすがにこれは初体験だったので驚きました。

献杯の後会食が始まります。

IMG_6723_convert_20190715124945.jpg
まずは叔父の遺影の前に影膳とビールが供えられました。

IMG_6719_convert_20190714195640.jpg
弟が金沢から持ってきたルビーロマンも飾ってもらえてよかったです。金沢大好き、実家の柿市商店も愛してくれていた叔父にも喜んでもらえたかもしれません。

IMG_6725_convert_20190716145407.jpg
一部食べちゃっていますが小さく飾られた前菜です。ままごとのようなちらし寿司がおいしかったですね。

IMG_6727_convert_20190716145434.jpg
土瓶蒸しは中華風の味付けでした。温かいです。

IMG_6729_convert_20190716145457.jpg
お刺身です。

IMG_6731_convert_20190716145523.jpg
煮物は小さな桝形に細工された大根の中に盛り込まれていました。この細工は初めて見たので職業柄弟も興味深げにしていました。

IMG_6733_convert_20190716145547.jpg
焼き物はキンメダイの粕漬けでとてもおいしかったです。手前のはサツマイモで作ったサツマイモ?です。

IMG_6735_convert_20190716145611.jpg
揚げ物はさすがに熱々のサクサクでした。竹串に刺さった真薯が特に美味しかったです。

IMG_6736_convert_20190716145638.jpg
茶碗蒸しも熱々でしたよ。

IMG_6740_convert_20190716145705.jpg
ご飯はジャコとイクラでした。さすが名古屋で赤だしの味噌汁が出ましたよ。みんな喜んでいただいていました。

IMG_6742_convert_20190716145736.jpg
最後にデザートまでいただいて、会食は終わりです。

着替えをする部屋まで用意してもらって至れり尽くせりのもてなしを受けました。来た時から帰るときまで心を寄せてくれたのがよくわかります。

叔父の家族が早く元気を取り戻してくれればと思いますが、あまりにも良い人過ぎた叔父を失うということはいかほど辛かろうと思います。

時薬、それだけが頼みです。合掌。
スポンサーサイト



* Category : 未分類
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する