FC2ブログ
07 << 2020/08 >> 09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2019-04-11 (Thu)
こんにちは、まかない婦です。

しばらく下火になっていたように思っていたのですが最近またジャパニーズウイスキーを求める外国人の方が増えてきました。

といってもここ3年ほどはまともな入荷がありません。山崎、白州、響、余市などが注文しても全く入荷してきません。それに加え最近では竹鶴やグレーンウイスキーの知多まで入荷しなくなってきました。

ジャパニーズウイスキーの品薄状態は改善されるどころかさらに悪化しているようです。

時々コンビニで山崎シングルモルトの180mlが数本おいてあるところがあるらしいと都市伝説なみの情報があるだけです。

当店でも竹鶴が2本と知多が数本あるだけですが、妹が何らかのおり(ホワイトデーだったかな?)に知多の350mlを10本ほど仕入れたのが全く売れずに残っていてそれがこれから役に立ちそうな気配です。

そういえばまだ山崎の12年が普通に入荷していたころお客様の中に月に一度だけ50mlのミニボトルを注文してくる人がいらっしゃいました。ところがこのミニボトルは発注が箱単位なのです。たった一人のお客様の為48本入りの箱買いは正直辛いものがありました。

でも仕方がないので山崎の12年と響の17年を箱買いしていたのです。

のちにこれが当店の財産になりました。フルボトルが入荷しなくなった後も結構な期間ミニボトルは入ってきたものです。これが面白いほど売れました。今は昔のお話です。

それで今回『宮城峡』というシングルモルトを仕入れてみました。ニッカウヰスキーの商品です。今まで飲んだことが無かったからどんな味だかはわからないのですが価格は4000円台でほかのシングルモルトと変わらないのでそれなりの味を期待しています。

それにしても・・・どこまで続くんかね、この品不足。
スポンサーサイト



* Category : 酒屋のお仕事
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する