FC2ブログ
07 << 2020/08 >> 09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2012-12-06 (Thu)
こんにちは、まかない婦です。今朝早くというか、昨夜遅く3時頃でしょうか、とんでもなく強い風が吹いて窓がガタガタ鳴りうるさくて寝ていられないほどでした

その後も金沢の天気は荒れ放題。雪が降ったかと思えば突風が吹いたりしてまったくひどい有様です。でも、ネガティブまかない婦としてはもっとひどいことになると思っていたので、さほどでもなかったか・・・っていう感じです

さて、今日の話は先日まかない婦が市場へ買い物に行き、顔見知りの魚屋さんに「頼むし、これ買ってくれんか?」と言われ欲しくもないのに買ってきた魚が巻き起こした騒動です。

物がなんだったのかも定かではありません。鰤のカマだと思っていましたが、弟に言わすとマグロのカマだそうです。どうせ真面目に聞いちゃいないので頭にインプットされなかったのでしょう。鰤でもマグロでも焼き魚は嫌いではないのですが、好物の付け焼き用のカジキを買った後だったのでどうでもよかったのです。

だったら「もう他の物を買ってしまったから。」と言って断ればいいようなものですが、それが出来れば苦労はしないまかない婦です

とにかくその何やらのカマを要りもしないのに二皿も買ってしまいました

ま、いいっか?要らなきゃ妹家族と弟家族にあげてしまえば済むことです義妹は喜んでもらってくれました。酢を加えて炊いたそうで、特に苦情もなかったです。

問題は妹家族の家でした。まかない婦が「普通の家庭ではうまく焼けないようだよ。」と忠告したのに、焼き魚に挑戦し、家じゅう魚の焼ける煙で大変なことになったのだそうですモクモク

家じゅうに魚の臭い煙が立ち込め、この寒いのにすべての窓を全開にして煙を家から出そうとしたけど、姪は「臭くて気分が悪い。」とへたり込み、甥は「もう2度とこの魚をくれるのはやめてくれと伝えてほしい。」とのまかない婦への伝言です。

義弟は煙の臭さに切れてしまい、消臭グッズを買って来いと妹に命じたらしいです。まったくなんと人迷惑な魚でしょう

それでも味はおいしかったとは言っていましたが、出社してからも「まだ魚臭い。」と言いながら、自分の帽子やカバンに『臭いダメだし』を続けているまかない婦の妹です

もう迷惑な魚を焼いてから2日経っているはずですが、まだその匂いに悩まされているようです。ごめんよ妹よ、ねーちゃんがふがいないばっかりにあんたにも苦労かけるね・・・

挙句に今日、また別の魚屋さんで要りもしない甘エビを大量に買ってきたまかない婦です

それでもまかない婦としては懸命に断ったのですが・・・NOと言わなきゃこの3倍は買わされていた予定です。しかもこの甘海老活きが良くないよ・・・

魚屋さんは
「刺身でバンバンや!」と太鼓判を押してくれたけど、まかない婦のド近眼の目で見ても明らかに活きが良くないような・・・
「ねえ、この甘海老本当に大丈夫?なんか頭黒くなってない?」
「大丈夫、大丈夫!」ってまた言われたから断りきれずに買ったけど、家に帰ってからまかない婦は弟に
「お前はダラんないか?」(お前馬鹿じゃないのか?)って真顔で聞かれました。大丈夫!結構なダラです

結局甘海老は煮物にしました。弟は今度は「旨い、旨い。」とニコニコしながらパックに詰めていました。旨かったんならまあ良いか・・・って、やっぱあんまり良くないぞまかない婦
スポンサーサイト



* Category : 食べ物
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する