FC2ブログ
07 << 2020/08 >> 09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2019-01-24 (Thu)
こんにちは、まかない婦です。

昨日は知人との飲み会でした。前日が会社の新年会で翌日が飲み会というタイトなスケジュールですが果敢に挑むまかない婦とその妹です。

もともと酒屋のお客さんであったOさんと何となくの友人になり、彼の知人が2人加わっての時々の宴会は会場はほぼ馬数さんです。

どんな高いものをバシバシ頼んでも、どれほどの酒をぐびぐび飲んでも一切とがめられないうきうき宴会なのです。

昨日もフグ皮の酢の物、野菜サラダ、ブリの刺身、ブリカマ塩焼き、ウナギの白焼き、鴨のアスパラ巻、能登牛のカツレツ、カプレーゼ、などなど一皿ずつではなく二皿ずつ頼んで完食していました。

〆には焼きおにぎり、卵かけご飯等々各自好みのものを頼み、5人のうち2人が頼んだ味噌汁のあまりのクオリティーの高さに他の3人もオーダーすると言う禁じ手を打ちました。なぜ禁じ手かというとすでにラストオーダーを取った後だったからです。

申し訳なさに大きな体を少しでも小さく見せようとちょっとすくめてはみましたが所詮は焼け石に水状態です。そして加賀一本太ネギと豆腐の味噌汁は抜群にうまかったのです。

馬数さんのお料理はいつも美味しいですよ。そしてコスパ最高です。

再会を約して家路を急ぎましたが大量飲酒の割にさほども乱れず記憶もクリアなままでした。こんなことも珍しいまかない婦です。特に飲むたびに無くす記憶はいったいどこに転がっているのやらの状態での正気の帰還は快挙でした。

また数か月後かに再開するこの飲み会というか、この顔ぶれが何となく不相応な気がして少々気後れしてしまいます。だってこんなにジェントルな友人って今までいなかったからね。ホント不思議です。

ではではまたいつか。
スポンサーサイト



* Category : 外食
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する