FC2ブログ
07 << 2020/08 >> 09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2018-11-19 (Mon)
こんにちは、まかない婦です。

昨日朝起きて社員の朝ごはんの🍙を作ろうと5階の自宅部分から一歩踏み出した途端ゾッとしました。ワンフロア全部の電気がついている。

これの意味するところは多分全館掃除のお掃除業者さんが入っているということでは・・・

そして窓からのぞいてみるとすでに顔なじみのお掃除業者の社長さんがにっこり笑って自社ビル前にいたのです。聞いてないよー!!

いつもなら前日のうちに邪魔な荷物をどかし、いろいろ準備してさらに1時間は早く起きて対応しているというのにこれでは昼飯作れるかどうか・・・(。´・ω・)?

しかも今現在おにぎりを作る時間があるのかどうか?

最高速度でおにぎりを作り3階厨房からエレベーターに乗ろうとしたけどすでに掃除が始まっていてドアから出るのもやっとでした。更に床はすでに洗剤まみれで滑るし、足を踏み入れればも一度やり直しになるし・・・それでもそのまま厨房に閉じ込められるわけにはいかんので無理に出ました。

エレベーターで降りておにぎりをカウンターに置くと、社員が
「聞いてないよー。」と責めるまなざしを向けます。心配すんな、俺もだよ!!

その後3階に戻りいつ頃厨房に入れるようになるか確認して5階の自宅部分に戻りました。そこも脱出不可能にならないことを確認してです。

しかーし、およそ1時間後に厨房に向かおうと扉を開けたら大きな荷物で脱出不可能になっていました。オイオイ

でも遠くの方にお掃除会社の人がいて脱出口を開けてくれたので何とか厨房に戻ることができました。

その先は用意していたメニューを簡単なものに差し替えて何とか乗り切ったまかない婦です。偉いぞ私。

そして後から聞いた話ではお掃除会社からの電話を母が受けていた時まかない婦もそばにいたから当然認識しているものだと思われていた模様です。聞いてねーよ!!(別の意味でね)

スポンサーサイト



* Category : 出来事
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する