FC2ブログ
個別記事の管理2018-10-01 (Mon)
こんにちは、まかない婦です。

今日の午前中社員さんが大きなごみ袋を抱えて3階厨房へやってきました。
「雅美さん、社長がこれ使ってくれって言っとるけど。」

渡されたごみ袋に(・・?ってなってると
「取引先が卵が割れていたって言ってきたんやけど、それ。」

それって、すでに箱にも入っていないほどグッチャグチャに割れた卵なんかどう考えても納品できるはずがありません。大体ほんの数個割れただけで10kg入りの箱から卵の卵液が漏れ出すものです。

取引先によると箱の半分が割れていたそうですが、それだと90個近くの卵が割れていたことになります。そんな卵は箱の形態を保つことすらできないでしょう。

社長がどれくらい割れていたか確認したいからと割れた卵の返品を頼んだところ戻ってきたのがこれなんだとか。


いやはや酷い有様でした。割れずに残っていた卵が2個だけ。あとひびが入った卵が8個ほど。他の80個ほどの卵がグッチャグチャに割れて卵の敷き紙に張り付いたまま割れています。

これをうちの社員が納品したと?そんなはずがありません。むしろ恥ずかしげもなくこれを送りつけてきた強心臓に脱帽です。

えっ、どうしたかって?もちろん新しい卵の箱を納品しましたよ。そして半箱分の卵は赤伝起こしました。要するに半箱分の値引きです。

言ったほうも言われた方もどちらが悪いのかわかっているというのに、結局泣き寝入りですよ。

全く理不尽な世の中ですが、泣く子と地頭には勝てんのです。

理不尽な要求に泣いた柿市商店の哀しくも呆れたお話でした。
スポンサーサイト



* Category : 柿市商店
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する