個別記事の管理2018-05-16 (Wed)
こんにちは、まかない婦です。

衝撃的な料理を食べてしまいました。辣子鶏(ラーズージー)という中華料理です。

甥がとてもおいしいというので食べてみたのですが、鶏肉の料理だというのに肉よりも唐辛子がたくさん皿に乗っているのです。しかもこの唐辛子ハバネロちゃうか?洒落にならんやろこの料理。

でもこんだけ堂々と皿に乗っているなら食べれんこともなかろうとまずハバネロを一つ食べてみました。うーん、辛いけど食べれんほどではないな。

そして次は鶏肉だけど、食べれたとはいえハバネロの刺激が強かったので肉の風味が伝わりにくい。これって料理的にはどうなの?

そんなことを思っていたら甥が
「あのー、唐辛子は食べないらしいですよ。」と言い出した。

えっ?あんなに存在をあらわにしていてどちらかと言えば肉より多い唐辛子を食べないっておかしくないか?そんなもったいないこと出来んやろ。

そして2個めのハバネロを食べた後、口中で辛み爆弾がさく裂した。

オイ、どうなってんのこれ辛すぎるやろ。この後料理の味なんかわからんやろ。(#^ω^)ビキビキ

どうやら唐辛子を食べないというのは本当だったようです。お店の人に確認したから間違いないようです。それでもまだ納得できん気持ちがしてもう一ハバネロ食べてみました。これは一個目と同じく食べられる程度の辛さです。

あー、ハバネロって辛さに個体差あるんだね。

初めて食べた衝撃的な料理に激しく動揺したまかない婦でした。

結論、この料理の唐辛子は食べられんこともないけどメインの鶏肉の味がわかりづらくなるから食べないほうがいいと思うの、ホント。|д゚)チラッ
スポンサーサイト
* Category : 食べ物
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する