個別記事の管理2018-04-13 (Fri)
こんにちは、まかない婦です。

今日お昼ご飯の副菜に使ったのは紫玉ねぎです。少しずつ上がってきている分には義妹が甘酢漬けにしていて社員の人たちも結構好きらしく順調にはけていきます。

ただ時にたくさん渡されることがあるのです。今回も10個近く渡されたので酢漬けにし発色のよさそうな2個だけおいといて他は使ってしまうことにしました。

色が鮮やかな紫なのですが酢漬けにするとピンクになります。普通の玉ねぎのように炒め物に使ったりするとくすんだ色になりますが味的にはあまりそん色ないと思います。ただ根元のつながりが普通の玉ねぎより強いようなので少し深めにくりぬかないとばらけづらく使い勝手がやや悪いかな?

DSCF6538_convert_20180413181530.jpg
これが今日の当社の昼食ですが主菜が「豚小間と薄切り大根の炒め煮」で副菜が「赤ウインナーとキャベツのカレー炒め」か「赤ウインナーと紫玉ねぎ&ピーマンのケチャップ炒め」のどちらかの選択です。手前右のさつま揚げは大根嫌いの人たちの主菜の代替品です。

紫玉ねぎはカレー炒めのほうにも使っています。おかげで一応在庫は無くなりました。

紫玉ねぎに限らずいろいろと変わった食材を使ってくれと渡されることがあります。アボカドなんかはしょっちゅうですがほとんど潰してデップ状にしてサラダとして提供します。

シャドークイーンという紫のジャガイモはコロッケにしました。味は普通のジャガイモとあまり変わらないので肉さえ多めに入れておけば食いつきは悪くありません。
 
あとは加賀野菜の赤カボチャも割と回ってきます。これは生で薄切りにしてサラダにしたり、あんかけにしたりします。夏の野菜なので冷やしあんかけにするとそれなりにおいしいです。普通のかぼちゃとはほくほく感が違っていてベチャベチャしているのでおいしく食べてもらうためにいろいろと試行錯誤しました。

他にはルミネという赤いピーマンのようなものがあるのですが、普通のピーマンより酸味があるのでちょっと扱いが難しいです。新鮮な状態なら生でサラダなどが良いと思うのですが、まかない婦の手元に来る頃は売れ残ってサラダには適さなくなっているので今後の課題といったところでしょうか?

今のところは佃煮風に煮たりしています。まだしも千切りでかき揚げとかのほうがよさそうですがこれだけのために献立をかき揚げに代えるのも・・・

他にもありますよバターナッツスクワッシュとか菊芋とかマコモタケとか、まあ色々です。

とりあえずそのたび想像力を働かせて頑張っておかずにしています。ただあれだけは使えなかったわ「羅漢果」。あれどうやって使えばよかったんだろうか?今度回ってきたらクックパットで検索して頑張ろうかな・・・
スポンサーサイト
* Category : 野菜・果物
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する