FC2ブログ
07 << 2020/08 >> 09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2012-10-30 (Tue)
こんにちは、まかない婦です。

今日当社柿市商店にすごい松茸が入荷しました。

IMG_2608_convert_20121030154504.jpg
これです。一本570g 先日の中国産松茸に迫る迫力です。そう、この松茸国産で地物、能登松茸なのです。

IMG_0092_convert_20121006122846.jpg
ちなみにこちらが以前入荷した中国産の松茸です。大きい方は630gだったかな・・・?

今朝この大きな能登松茸をまかない婦に撮影させようと持ってきた社長はニコニコ顔でした古参の社員が「亡くなった親爺にそっくりや。」と言っています。

そういえば父の遺影を見て市場関係の人たちが「この笑顔は一番良い松茸を競り落としたときの顔や!」と言っていました。実際は妹の結婚式の前日に家族で飲み会をして楽しく盛り上がっているときに撮った写真です

余談ですが妹は結婚式当日二日酔いだったそうですおとろっしゃ、おとろっしゃ(恐ろしや、恐ろしや)・・・思えば今の妹の片鱗があんな昔にすでに現れていたのでしょうか・・・?

弟も無き父も、そういえば妹までもが寒がりで熱がり(要するに気温に関して我慢が出来ない)です。弟に至ってはちょっとした仕草までも同じで、これほど似るものかと呆れるほどです

特にちょっと寒いときに肩をすくめた格好など亡霊かと見まごうばかりです。姿かたちが似てしまうのは当たり前としても、なぜ仕草まで似てしまうのでしょうか?ちょっと不思議ですね

ただ性格は大分違います。真面目で小心者、思い込みの激しいところなどはまかない婦が似てしまったようでとんだ貧乏くじです。弟は自分の決めたことはどんなに間違っていても押し通します。このあたり社長向きだとまかない婦は思っています

適材適所。家族の役割分担も結構道理にかなっているような今現在の柿市商店です。

p.s. 今日の松茸京都のお得意様に買っていただいたようです。「えっ?松茸は京都のほうが有名じゃないの?」社長いわく「今年は丹波の松茸あんまり取れてないらしい。それに京都の松茸は高いからな。」

柿市商店のお客様、能登松茸かなりお買い得のようですよ。いかがですか?
スポンサーサイト



* Category : 家族
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する