FC2ブログ
09 << 2018/10 >> 11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2018-01-30 (Tue)
こんにちは、まかない婦です。

昨日の従食でまかない婦は肉団子で酢豚風のおかずを作りました。渡された紫玉ねぎが結構あったので使っても違和感のないおかずということでここに落ち着いたわけです。

ですがなぜかこの肉団子を徹底的に嫌っている人がいます。安物の肉団子なのでいったいどんな素性正しくない肉が使われているのだろうと危惧しているのだと思います。

実はまかない婦も一度そのことを疑って調べてみたことがあるのです。丁度そのころ中国でおかしな鶏肉の話などがあってひょっとしたらと思ったのですが、よくよく調べてみると肉より大豆たんぱくなどが使われており『どんな肉を使っているのか?』との心配は肉ですらなかったという肩透かしの解決を見たのでした。

ですからある意味安全な肉団子なのです。肉団子と言っていいのかどうかは少し不安なのですが・・・

そしてその肉団子を使った酢豚風のおかずをお代わりできるように大鉢に盛り付けて置いておいたのですが、全く減りもせず、むしろ増えていて、しかもその増えたもののほとんどが肉団子だったのでちょっと凹んでしまいましたよ。

でもね、心の中では思っていたのです。『明日の朝朝食のおかずとして出せば結局はおかずの中から肉団子が消える。そして最終的には野菜だけで肉っぽいもののないおかずになってしまうのだ。』と・・・まかない婦の心の中でこのような状態になった酢豚風のおかずを酢豚のスと呼んでいます。結局入っているものが豚であろうと鶏であろうとはたまた肉ともいえない団子であろうとその属性のものはすべて社員の腹の中に消え、残るは野菜ばかりなり・・・いとあわれ

そして今日の朝ごはんが過ぎるとまかない婦の予想通り肉団子の消えた酢豚風のおかずと寒いからと勝手にIHヒーターのレベルを上げられ煮え立った味噌汁が悲しく残されていたのでありました。

肉団子が残るのではないかだと?心配するに及ばず!!by柿市商店
スポンサーサイト
* Category : 柿市従業員食堂
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する