FC2ブログ
07 << 2020/08 >> 09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2017-10-23 (Mon)
こんにちは、まかない婦です。

サケマルシェの後に妹と2人かすかな望みを抱いて新天地に向かいました。カウンターだけの小さなお店が軒を並べる新天地の中でまかない婦と妹がこよなく惹かれる一軒のお店があります。『赤城』というおやっさんがひとりでやっている店です。

このお店がいつ行っても満員でここ何年も入れたためしがありません。でもこの日はマルシェが終わった時間が早かったので何とか入店することができました。

このお店の良いところはご主人自ら採取したり釣ったりした食材を使った料理です。

以前取引先の重役様が金沢に赴任されたときにこのお店で歓迎会をした無謀なまかない婦と妹です。多分呆れられたと思いますが料理が本当にいいのです。

突き出しはどでかい黒豆の枝豆(旨いでかい)、マコモタケのキンピラ、鱈の助子(たぶんスケソウダラの卵)でどれもおいしかったけどこれと酒だけで完結してしまいそうです。

散々マルシェで飲んできた挙句に手取川さんの吉田蔵大吟醸の四合瓶を結局2人で空けました。 

IMG_5032_convert_20171023123751.jpg
お品書きの中にウナギの白焼きがあったので頼みました。皮目がパリッと焼けていて旨いのです。金沢ではあまりメジャーではありませんが最近白焼きにはまっています。

IMG_5030_convert_20171023123647.jpg
見た目は悪いけどすんごく旨い自然薯の刺身です。いただいたのは何年振りか?感動しています。

この後ヤマメの塩焼きを食べ、さらに骨酒にしてまたぐびぐびと飲みました。出来ればイワナが良かったのですがこの日はヤマメということで・・・

こんだけ飲んだ割にはまともそうだったようです。お勘定を済ませたところまでは覚えているのですがそのあと突然部屋に帰ってきていて布団を敷いてくれた母に感謝しながら眠りました。

妹の話によるとこの後トイレを借りに東急ホテルに言ったのでラウンジで飲むかと聞いたところ
「これ以上飲んだらまともに帰れない。」と断ったそうです。まったく覚えてないけどな。

言った覚えはないけど言った自分をほめてあげたいよ、ホント

そんなわけでサケマルシェだけではなく赤城まで堪能した幸せな1日になりました。
スポンサーサイト



* Category :
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する