FC2ブログ
07 << 2020/08 >> 09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2017-10-20 (Fri)
こんにちは、まかない婦です。

今日は千葉行の話終わらしちゃいますね。

何とか乗れた奇跡のリムジンバスに乗り成田には着いたのです。名古屋の叔母のアドバイスで第一ターミナルであることも確認済みでした。

でも着いてみると明らかに国際線のフロアです。ああ、こりゃホントに平均年齢80歳ほどの叔父や伯母では訳が分からんよね。弟がお世話係としてまかない婦を巻き込んだ理由がここではっきりしました。

この後国内線の出発ロビーに行きチェックインした後、少しだけ買い物をしてすぐさまカフェになだれ込みました。叔父や叔母を放し飼いにすればどんな大惨事に見舞われるかわかったもんじゃありません。

幸い叔父も叔母もシャレの分かる人で話も面白いのでその席でずーっとしゃべっていました。主には叔母が銭湯で相まみえる好戦的な人とのバトル話を聞いて大笑いしていたのです。

さて、時間も迫ってきました。セキュリティーを通って指定されたゲートまで行くのも結構時間がかかると見て余裕をもって国内線出発ロビーに向かうことにはしたのですが、飲食のフロアが国際線のフロアに近接していたためになぜかそのフロアを延々と歩き続けることになってしまったのです。

階すら違うそのフロアを先頭切って速足で歩くのは友禅作家の叔父、いったいどこへ向かうつもりなのかと不安になります。叔母と伯母は楽しそうに話しながら叔父の後ろを盲目的についていきます。

「ねえ、どこ行くの?」聞いてみましたがやや耳が遠い叔父と話に夢中な2人の叔母の耳には届かないようです。

「ねえ、このフロアじゃないんだけど。」母と2人で3人を止めようとするのですが全く聞こえないようです。ホントに一体叔父はどこへ行くつもりなのか?

3度めに止めても全く反応がなかったのでとうとう回り込んで実力行使で止めました。かなり遠回りになってしまいましたがすぐにエレベーターで出発フロアに向かいました。あのままではどこへ行きついたのでしょうか?すでにフロアのどん詰まり近くまで行ってしまってはいましたが・・・

照れ笑いする3人を引っ張って何とか無事にゲートにたどり着き金沢に帰った次第です。

これらの話を聞いて弟は顔をしかめていました。多分まかない婦を巻き込まなかった場合に自分が陥ったであろう事態に恐怖したのだと思います。

とにかく無事に金沢に帰りぐったりと眠りについたその夜でした。めでたし、めでたし。<(_ _)>
スポンサーサイト



* Category :
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する