FC2ブログ
07 << 2020/08 >> 09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2017-10-18 (Wed)
こんにちは、まかない婦です。

千葉行の続きです。

ご法事当日母と朝食を食べていると弟がやってきて悪魔のささやきをまかない婦の耳に誑し込みました。
「カレーがあったぞ。」

小さなクロワッサンとパンケーキ、目玉焼きにソーセージが一本、それとブロッコリやカリフラワー、野菜炒めをほんの少しで軽い食事を終えようとしていたのにカレーに目の無いこの身は『ほんの少しだけ』と誘惑に乗ってしまいました。

結果腹がパンパンです。

喪服に着替えチェックアウトしてメモリアルパークへ進みました。お参りの後はまたこのホテルに戻り宴席が用意されています。

千葉はかなりひどい雨でした。土砂降り・・・

法事のお経が終わった後お墓に向かったのですが、なぜかお坊さんが来ません。千葉の叔父の手の中でくしゃくしゃになったお布施の袋が哀れを誘いました。

土砂降りの中自分たちでお参りを済ませホテルに戻りました。

その後宴会です。従妹の子供たちやその子供たちですっかり大人数になった千葉の家族は代々の早婚の結果母だか娘だか訳の分からん美人さんがたくさんいて、その子供たちもレベルの高いかわいらしさです。

一番年下の可愛い女の子が
「お酒は足りていますか?」とビールを注いで回っています。大人たちはあまりのかわいらしさにデレデレにどろけています。

美味しい料理をたくさん食べて、今日も酒をたらふく飲んで楽しい宴席です。

弟がお供えにと送った巨大松茸がお披露目され千葉の親戚のテンションが上がります。スマホでの撮影会が開催されていました。

まかない婦はデジカメを預けた荷物の中にしまい込んでしまいちょっと手持無沙汰です。

宴会が終了した後更衣室で着替えてまかない婦と母は不要になった荷物を宅急便で送ることにしました。友禅作家の叔父もそれを見て自分の分も送ってくれと言っています。

あのね叔父さん、荷物はカバンひとつづつだから叔父さんの荷物を柿市に送ろうが叔父さんの家に送ろうが送り状はそれぞれ書かなくちゃダメなのよ。

ダメだって、柿市の郵便番号書き写して自宅の住所書いたら荷物どこへ行くかわかんないよ。いっそ郵便番号書かないで。

郵便番号を書いて無い荷物は受けられないというホテルマンを軽くディスって受付させ荷物は無事叔父の家へ送られることになったようです。

融通の利かんホテルマンと自宅の郵便番号を知らん叔父のマッチングは最悪ですぜ。すでに松茸販売最盛期の忙しさののために弟は早退していたのでここからはまかない婦が金沢帰宅組のお世話係です。

この後最悪のバス乗り遅れ未遂が起こったわけです。その間にも叔母の『黒カーディガン取り間違え事件』などの小ネタもあったのですがこの後の話はまた次回。ホナ
スポンサーサイト



* Category : 出来事
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する